« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>(6)

<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

第(6)

 

SOS 大阪が危ない! 橋下徹君は「僕の感覚」で大阪を潰している! 脅える赤字の施設、明日は私の首が飛ぶ!!

SOS 大阪が危ない! 橋下徹君は「僕の感覚」で歴史あるものを潰しかけている! 市民は怖い! 脅える職員!!

SOS 大阪が危ない! 橋下徹君は「僕の感覚」で由緒ある「芸術」「文化」を潰している!! 文化が泣く!!

SOS 大阪が危ない! 橋下君は「僕の感覚」で経済性だけでものごとを評価している、僕ちゃんに何が分かるか!!

SOS 大阪が危ない! 徹君は「僕の感覚」で文化行政をつかさどるは危険だ! 僕ちゃんは聖徳太子じゃない!!

SOS 大阪が危ない! 徹君は「僕の感覚」で府立上方演芸資料館をばっさりか、僕ちゃんに脅える職員!!

SOS 大阪が危ない! 徹君は「僕の感覚」で「ウイングフィールド」小劇場を追い込んでいる、脅える劇場!!

SOS 大阪が危ない! 泣く子も黙る大阪府警! 首相も黙る大阪市長! これが天下の大大阪か!!

<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>

<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>

(趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく)

第(5)

SOS 日本が危ない! 人材育成は日本ですべし! 海外でするべからず!!

SOS 日本が危ない! 製造業は日本脱出をするべからず! 甘えるべからず! その考えでは成功しない!!

SOS 日本が危ない! 製造業は日本脱出をするべからず! 海外に移せば技術を抉り取られて丸裸!!

SOS 日本が危ない! 製造業が脱出! 技術が流失! 日本は空洞化! 祖国はどうなる!!

SOS 日本が危ない! 民主党の新たなバラマキは許されない! 民主党は烏合の集か! これでは分裂!! 

SOS 日本が危ない! 社会保障制度改革で問われているのは、伸び続ける年金、医療、介護費用抑制方法だ!!

SOS 日本が危ない! 原子力規制委作りは、国益を守り抜く人選、責任感ある最高権力者を決めことだ!!

2012年6月27日 (水)

<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>

<我が祖国、日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>

(趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく)

第(4

 

SOS 日本が危ない! 自主防衛の覚悟と用意を忘れるな! 米国は日本共同防衛行動に出ない!!


SOS
 日本が危ない! 朝日新聞の石原知事の尖閣購入計画に「無責任」と非難した、果たしてどちらが無責任か!!


SOS
 日本が危ない! 中国人が尖閣諸島を買えばどうするか! 朝日新聞は日本の新聞社か、恥を知れ!!


SOS
 日本が危ない! 政府は外国人の土地購入に厳しい制限を設けろ! 後手後手は許されない!!

SOS
 日本が危ない! 東電の原子力発電技術者が他国で働くのか 日本の技術が奪われる! 政府よ 動け!!


SOS
 日本が危ない! 家電や自動車の技術者が韓国に流れた! 次は原子力!! 国は手を打て!!


SOS
 日本が危ない! 製造業の拠点を海外に移すな! 後戻りはできない! 民主党は烏合の衆か! 智慧がないのか!!

2012年6月26日 (火)

<祖国日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>(3)

<祖国日本の危機に立ち上がろうではありませんか・・・>

(趣旨:日本再生のために関心を持っていただきたく)

下記はそのためにツイッターに流している文章です;

(3)

SOS 日本が危ない! 日本海は日本海! 政府よ、ロビイストを活用せえ! 他国の発言を封じよ!!

SOS 日本が危ない! 民主党よ、どこに目をつけているのか! 丹波氏を中国大使に任命するとは何事か!!

SOS 日本が危ない! 丹波中国大使よ それでも大使か 太子が嘆く ”大死一番”になって出直せ!!

SOS 日本が危ない! 民主党よ、南西諸島への武力攻撃に備えよ!!
SOS
 日本が危ない! 民主党よ、南西諸島の海上保安庁の領域監視を怠るな!!
SOS
 日本が危ない! 民主党よ、南西諸島の警備体制の強化を怠るな!!

SOS 日本が危ない! 民主党よ、日米共同防衛行動(日米安全保障条約5条の発動)を期待するな!!

「癌に罹りにくい方法」 10.<何のための医療か>

癌に罹りにくい方法

1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.時間という治療技法 10.何のための医療か 

11.生かされている 12.百冊の専門書等を読んで

趣旨:癌患者さんを減らして医療費削減に繋げる

10.<何のための医療か
 年が例えば70歳、80歳になって、全身に転移した癌を切除するために何回も手術をしたり、抗癌剤を打つのは、本当にいい治療なのか。医学が進歩したことで、医者も患者もその家族も常にそのような問いを突きつけられたようになりました。「いい医療とは何か」という問いは。結局のところ、人間の生きる目的はどこにあるのか、という問題に帰着すると思います。人間は生まれたときから、死に向かってまっしぐらに駆けています。

 人はどうすれば元気で長生きできるのか、それは人が持って生まれた体や運に大きく左右されます。何のための延命治療か、60歳を過ぎた人に型どおりの助言をして、酒はいけない、煙草はいけない、甘いものはいけない、と二言目には、「~してはいけない」という医者は考え物です。

 

此処からは作成者松村弘の文章です;

 治療することによって患者さんの癌が本当に治るなら基本的に手術をしてもいいと思います。しかし治らない手術はしないのがいいのではないだろうか。延命だけの手術もいかがなものか、ただ生きているだけでは本人も家族も幸せだろうか。

手術や化学療法、放射線治療のいずれもそれなりの後遺症等がある。退院された方見れば一目瞭然である。

結局「何のための医療」ということになる、本来は「病気を治すこと」、でしょう。「人間の生きる目的はどこにあるのか」となれば、本能的には子孫を残すために、となるでしょう。

 

一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『文芸春秋』20126月号 松木康夫医師

 

続く

2012年6月25日 (月)

<一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>

<一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>

 

(趣旨:日本再生のために関心を持っていただきたく)

下記はそのためにツイッターに流している文章です;

 

その(2)

 

SOS 日本が危ない! 西太平洋、東アジア、印度洋の弧 傲慢な中国外交 政府は立ち上がれ!!

 

SOS. 日本が危ない! 総理よ、消費税でもたもたしている場合じゃない! 中国に外堀を埋められている!!

 

SOS. 日本が危ない! 民主党よ、予防医学に力を入れれば消費増税は不要か微増で済む! 智慧を出せ!!

SOS  日本が危ない! 政府よ、国民を薬漬けから救え、薬では治る病気も治らない!!

 

SOS.  日本が危ない! 航海の自由と核心的利益を護れるか!! 政府よ立ち上がれ!!

 

SOS.  日本が危ない! 生活保護不正受給128億円 民主党は寝ているのか!

 

SOS.  日本が危ない! 軍の意向が国家を動かすシナ 立ち上がれ日本、目覚めよ 日本!!

2012年6月24日 (日)

「癌に罹りにくい方法」 9.<時間という治療技法>

癌に罹りにくい方法

1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.時間という治療技法 10.何のための医療か 

11.生かされている 12.百冊の専門書等を読んで

趣旨:癌患者さんを減らして医療費削減に繋げる

9.<時間という治療技法
 体内と時計の働きと健康との関連について研究が進んでいる。生体律動(リズム)を投薬の時機(タイミング)などに応用した「時間治療」である。

「癌、腎臓疾患、糖尿病、高血圧、脂質異常症」等の生活習慣病でも、時間治療の効果が分かってきている。薬が有効に作用し、副作用の少ない時間帯を狙って薬物を投与することで治療効果を高めるのが時間治療の発想だ。また、特定の時間帯に症状が悪化する病気も少なくない。疾患ごとの時機にあわせて薬を用いる意味もある。

 体内時計は約25時間の周期を刻んでおり、毎日、光を浴びることでリセット(機器の動作状態を初期状態に戻すこと)される。これとは別に、すべての臓器がそれぞれに時計を持っている。臓器ごとの末梢時計は、中枢からの指令を受けるとともに、個々の臓器の状況に応じてそれぞれの時を刻む仕組みだ。

 本来の生体の律動を乱すようの生活を続けることで、健康を害する危険は高まる」という。「夜間労働の人の間では、通常の日勤の人に比べて、消化性潰瘍などの発生率が高いという報告がある。日勤と夜勤を交互に繰り返すようの移動(シフト)勤務の場合、正常な律動を壊しやすい」。例えば看護師や長距離貨物自動車運転手ら昼夜交代の移動勤務の人達の冠動脈疾患による死亡危険度は、昼間だけの勤務に従事している人達の2倍以上という結果だ。

 夜更かしや夜遅い食事など、体内時計が狂うような生活をしているとBMAL1(体内時計を調節させるとともに、脂肪を溜め込む作用を持つ)の働きが阻害され、悪玉コレステロールが増えるなどの影響が出てくる。体内時計を正常に保つためには「早寝早起き朝ご飯」だそうです。

此処から作成者松村の文章です;

個々の病気によりより効き目のある投与の時間帯があるとのこと、効率よい治療のためにはいいと思います。しかし健康に良い影響を与えないことを避けられるのであれば避けるに越したことはない。そうすれば病気に罹る可能性は低くなる、それが基本である。朝食に関してなら、食べたいが時間に余裕がなくて食べないのはよくないが、食べたくない人は無理に食べないほうが言いと思います。体が欲しないことを無理やりに食べることは負担がかかるからです。他人に言われて食べるのではなく自分から進んで食べるところに意味があります。食べるか食べないかはその人の心の持ち方ではないでしょうか。

私が病気に罹らないのは結局、早寝早起き、朝食は食べたいときには食べ、食べたくないときには食べない、あるいは少し時間をずらして食べる。即ち自分で決めて食べていること、体に一番よい自然な生き方をしていることだと確信しています。

一部抜粋書換え加筆

『毎日新聞』2012612日夕刊

 

続く

2012年6月23日 (土)

<一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>

<一人でも多くの方々に関心を持っていただければと願っています・・・>

 

(趣旨:日本再生のために関心を持っていただきたく)

下記はそのためにツイッターに流している文章です;

その(1)

SOS 日本が危ない! 新たなバラマキは許されない、伸び続ける年金、医療、介護費用をどう抑制するか!!

SOS 日本が危ない! 原子力規制委を作るのが目的ではない、国益を守り抜く人選である!!!

SOS 日本が危ない! 西成の診療所は生活保護受給者を勧誘、診療所よ、医師よ、恥を知れ!!

SOS 日本が危ない! 生活保護者が207万人、民主党はなにをしているのか!!

SOS 日本が危ない! 生活保護者、大阪府:30万人強、東京都:28万人強! 民主党はなにをしているのか!!

SOS 日本が危ない! 電力が危ない! なぜ電力会社は一地域に一社か! 早く競争原理を!!

SOS 日本が危ない! 北方領土が危ない! 露西亜プーチン大統領は変わらない!!

2012年6月21日 (木)

「癌に罹りにくい方法」 8.<癌の検診と治療>

癌に罹りにくい方法

1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.時間という治療技法10.生かされている 

11.百冊の専門書等を読んで


趣旨:がん患者さんを減らして医療費削減に繋げる

8.<がん検診と治療>

2)癌の治療方法

<食事療法>癌の原因の35%は食事から

◆日本食:がん対策にも有効な健康食

◆限りなく無塩に近い食生活:工夫次第でおいしく

◆癌の栄養・代謝療法:摂取する食品、制限する食品

◆治療の主従関係 

主:食事・生活の改善による免疫力向上

    従:手術・抗ガン剤・放射線


 [
参考文献]「今あるガンが消えていく食事」2009 済陽高穂 2009 マキノ出版


<さまざまな癌の治療方法>

1.手術

2.放射線

3.化学療法

4.超遺伝子ミネラル水溶液を飲む治療

・癌を切らずに治す

・遺伝子に深く関わる微量元素ミネラルの欠乏がガンや現代病の原因

・ミネラルバランスの崩壊が現代人をむしばんでいる!

 

超ミネラル水服用治療は…

 ◆痛みを取る

 ◆化学療法の副作用を起こさない

 ◆癌の当面の転移を防ぐ

 ◆癌の種類を問わず効き目がある

効果がある理由…超ミネラル水は間接的に

 ◆癌細胞の成長を止める

 ◆周りの感覚神経を刺激しない

 ◆痛みが取れる

 

此処からは作成者松村の文章です;

 塩は人間にとって不可欠です、ただし精製塩はただの塩、できればあまり摂取しないほうがいいでしょう。だが微量元素(ミネラル)をたっぷり含んだ天然塩を取るべきである;
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku_iryohisakugen_byokiyobo


 治療には代表的な手術、放射線、化学療法があります。多くの人に会い、聞き、本を読んできて分かったことは絶対といえる方法はない。しかし総合的に判断して「超ミネラル水服用治療」が群を抜いている、と私は思います。

 

[参考文献]

『癌・糖尿・アトピーはミネラル欠乏症』2006 野島尚武 NPO法人“現代病を考える会

 

続く

2012年6月20日 (水)

「癌に罹りにくい方法」 8.<癌の検診>

癌に罹りにくい方法

1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.時間という治療技法10.生かされている 

11.百冊の専門書等を読んで

 

8.<がん検診>

1) がん検診を拒否せよ  

 早期発見が有効という証拠はどこにもない。むしろ内視鏡での感染や医療被曝による発癌の方が問題だ。

 新聞や雑誌には、

「実際に、がんの検診のおかげで、非常に多くの方が命を救われております」(久遠茂・東北大学医学部公衆衛生学教授、1993.11.8付朝日新聞)、

「元気だからこそ検診を受けなさい」(丸山雅一・癌研究会付属病院内科部長、「習慣ポスト」1995.3.17.号)、

「肺がんを早期発見するために」胸部X線検査を年2回または1回は忘れずに必ず受けて下さい」(河野孝旺・北鎌倉否林堂医院院長、1995.6.18.付毎日新聞)、

「大腸がん急増の折、皆さんも殿下のように(検診を)定期的に受けていただきたいですね」(平塚秀雄・平塚胃腸病院院長、「週刊文春」1995.7.6.号)など、

癌検診の意義を強調し、癌の早期発見を勧める専門家の言葉があふれています。

 しかし結論からさきにいえば、これらの言葉は間違いです。なぜならば、早期発見が有効という証拠がどこにもないからです。証拠がないのは臓器を問いませんし、市町村がおこなう集団検診も、各自が個別に病医院をたずねてうける検診も同じです。人間ドックや職場での定期健診も、癌検診を重要な目的としていますが、それも有効という証拠はありません。

 検診の無効性がはっきり証明されてしまったがんがあります。肺癌、乳癌、大腸癌です。


此処から作成者、松村の文章です;

 検診で例え見つかったとしても結局現在の医学では癌を治せません、早期発見で治る癌なら治療しなくても治るかもしれません。治せないのなら検診をしない方がいいに決まっています、本来自然治癒力で治るかもしれない癌をいじる必要はありません。当然検診するためには費用も時間もかかり、おまけに嫌な目や痛い目をしなければならないかもしれません。

 本とか新聞を読んで知っていらっしゃる方も多いと思います、医師は奥さんが癌なら手術をしない、自分が癌でも手術をしないらしいです。それは上記に書いたとおりです。

一部抜粋書換え加筆

[参考文献]『患者よ、がんと闘うな』 1996 近藤 誠 文芸春秋

 

続く

2012年6月19日 (火)

「癌に罹りにくい方法」 7.<食べ物>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

7.<食べ物>

 医食同源という言葉があります。名前の通り、医も食も源は同じであり、病気と食生活は密接な関係がある。即ち私達は食生活で健康を維持し、病気を治し、病気を予防することができるということです。


癌(がん)の原因は書籍の多くにいろいろ書かれています、著者は殆ど医師です。

1.取りすぎ
塩分の過剰摂取
動物性蛋白質過剰摂取

脂肪の過剰摂取 



2.嗜好品の取りすぎ
アルコール 

煙草


3.無理をする
体に大きな負担(無理)

長時間労働

夜更かし

苦痛(ストレス)

 

4.不足の栄養

微量元素(ミネラル)欠乏

 

5.体の内部の出来事

肝炎ウイルス大腸

細胞分裂における失敗

クエン酸回路の障害

過剰な活性酸素の発生

 

6.その他
人が生きているから

 

食べ物に関して言えば、食べ過ぎないということ、癌の原因の一つは「食べ過ぎ」であると言える。反対に足りない代表は微量元素である。この二つに注意することで癌は相当減る、と私は思います。

 

続く

2012年6月18日 (月)

大阪・市改革意見箱への投稿

大阪・市改革意見箱への投稿

 

橋下市長はよく頑張っていらっしゃる、多分誰もが認めるところ。

1. 徹底して無駄を省くのはいい、普通掛け声だけでなかなか凡人にはできないこと、それを有言実行とは流石といわざるを得ない。しかし赤字部門は全部廃止するのは間違っていると私は思う。

例えば地下鉄で御堂筋以外は赤字かトントンである。しかし御堂筋以外の路線があるから御堂筋が稼ぎ頭になっている。

 また歴史ある大阪の文化財を軒並み赤字だから、或いは効率化のみで畳み掛けるのはいかがかな、例えば130の歴史ある大阪一大をなくすのか?

 

2.赤字減らしや給料減らしは小学生にでもできる、赤字を減らせば減らすほど大阪市のパイが小さくなる。悪の連鎖に繋がる。市長は「蟻の話」や「ユダヤの法則」をご存知ないようですね。勉強されたらいかがかな。

 

3.大阪市と大阪府を一緒にしても大阪は決してよくならない。大阪市の規模は標準的な県同等以上の力がある。大阪市が東京に水を開けられたのは、東京は首都で自然と人が集まるようにできているからである。決して東京市がなくなって東京都23区になったからではない。

さらに市長が全国を10程度の道州制に関心があるのなら、いずれ府は消滅することになる。確か市長は世界と戦うためには大阪が強いほうがいいと仰っていましたね、それなら大阪市が周辺の衛星都市を吸収合併して500万程度の大都市にする、残りをいくつかの地域に分ければいいのでは。

 

4.大阪を再生さすのは、人、もの、かねを呼び込む何かを「創造」することである。市長とは正にこの創造ができる人でなければならない、私はそう信じている。市長は出来ますか? 

 

 

[生涯学習センター]の件

 

自動車の舵と同じ、遊びが必要である、ゆえに補助金を減らしてはならない。

 

強すぎては人を育てられない、宮本武蔵を見よ! 橋下知事は未だお若い、この辺で一度頭を打たれてはいかがかな!! そうすれば代議士になれる器の持ち主である、私はそう思う。

2012年6月17日 (日)

「癌に罹りにくい方法」 6.<被爆>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

6.<被爆>

1) 食品での被曝は微量

 <放射制セシウムの基準>

□内部被爆 年間5ミリシーベルト以内⇒ 1ミリシーベルト(新基準)

□一般食品(野菜、肉、魚等):500ベクレル/1キロ⇒100ベクレル(新基準)

 米国の基準の1/12である。

□乳児用食品:50ベクレル/1キロ

□飲料水:10ベクレル

 欧州連合の1/20、米国の1/120

「陰膳(かけぜん)」方式で放射線セシウムの量とそれによる内部被爆量を調査した結果(中央値)

福島県:4.01ベクレル

関東地方:0.35ベクレル

西日本:ほぼ零

福島県の4ベクレルは核実験が盛んだった50年前の食品中の放射能レベルに近い。

福島での食事を毎日1年間食べ続けた場合の被爆量は、中央値で0.023ミリシーベルトにとどまり、国の新基準の1/40以下です。

 

此処から作成者松村の文章です;

ゆえに癌になる可能性は殆どないといえるのではないでしょうか。ご安心下さい。
 もう一つ昭和20年に広島と長崎の原爆投下がありました。運悪く気の毒に直撃を受けた人達や近くにいた人達は別としまして、多くの人達はその日からその場所で生活を開始しました。しかし私達は問題が起こったという話しは殆ど聞かれていません。当時放射能のことは誰にも分からなかった、放射能の怖さとか何も分からなかった。それであまり心配する(病は気から)人達がいなかった、それゆえ遺伝子が悪い方向に動かなかった、だから癌になる人が別に多くはなかった、と考えられます。別の考え方は私達が今心配するほどのことではなかった、と私は思うのです。だから福島の人達はあまり心配されることはないのではないでしょうか。


 [
参考資料] 毎日新聞 2012.1.30 (月)中川恵一・東京大付属病院准教授


続く

2012年6月15日 (金)

「癌に罹りにくい方法」 5.<職業>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

5.<職業>

 

1) 癌になりやすい3職種      

  癌になりやすい3職種があります;

1)報道関係:番組を作る人、新聞の原稿にいつも追われている新聞記者です。
2)交通関係:電車の運転士、乗合自動車の運転手、飛行機の操縦士、スチュワーデス。特に電車の運転士というのは寝坊をすることは絶対に許されないし、1時間前には詰め所に行って、5分前には運転席の脇のプラットフォームの先頭に立っていなければならない(この光景は主要な駅でよく見かけるから皆さんもご存知だと思います)。3分、4分遅れても電車が動かないわけですから、絶対に5分前には行っていなくてはいけない。これはそうとう苦痛が溜まるらしい。

3)金融関係:人のお金を預かって儲けさせなくてはいけないという状況になっている人。この金融関係の人には銀行員も証券マンも全部含みます。聞くところによると、預かったお金が毎日1円単位でぴったり合っていなければ、男性社員は家に帰ることができないそうです。全部当日に処理しなければいけないという状況に日々さらされているわけです。これも相当の苦痛ですね。

 交通関係者、金融関係者を一言で言うと、数字に追われ、それを追いかけている人であり、そういう人達は癌になりやすいといえます。

 数字が自分の体にのしかかってきたときに、それは体の外側では「数字」という名前であったとしても、体の中に入ると「癌細胞」という名前に姿を変えるのです。ゆえに皆さんは、癌に罹りにくくするために「数字を追いかけてはいけない」ということを是非頭に入れておいて下さい。

此処から作成者松村の文章です;

 ある本で読んだのですが、NHK職員の平均寿命は確か60代だとか・・・、見栄えはよいがそれだけ苛酷な職業なんですね。NHK職員採用試験に滑ってよかったですね(笑い)
 人を癌にさせる方法の一つは数字を追いかけさせる、そうすればいかが(笑い)。例えば子どもさんの点数を見てまた30点しか取ってないの、30点じゃだめだよ、この次は必ず50点以上、必ず50点以上、でなかったら小遣いを減らすよ、と繰り返して言えば落ち込んで本当に癌になるかもしれませんよ、彼方は人殺しになるかも、あまり言わない方がいい(笑い)。かわいい子には旅をさせろ、だが点数を追いかけさせるな!
 ご主人を癌にさせている人はいませんか、「未だにこんなに安月給、これじゃ生活ができないわ、服の一つも買えないわ! ボーナスはたったのこれだけ、お隣さんは3ヵ月半出たのに、来月から小遣いを減らすからね!」
 

一部抜粋書換え加筆

[参考資料]『宇宙を味方にする方程式』2006 小林正観 致知出版社


続く

2012年6月14日 (木)

「癌に罹りにくい方法」 4.<冷え> 4)

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

4.<冷え>

 

4) 体を温めると癌ならない!      

  癌になる人は風邪を引かない人です。風邪を引くと直ぐに解熱剤や風邪薬を飲んで熱を抑えて仕事を続けるような人も癌になりやすい。そういう人の中では、癌細胞は楽々と生きていくができるからです。だから発熱したらそこに賭ける。

 西洋医学では、医者は医学部で対症療法を習います。しかし「社会現象」としての病気という捉え方はあまりしません。医師がこの方面の研究をされる価値は極めて高いと思われます。医師本来の仕事、すなわち癌患者さんを救うために研究されたらいかがですか、医は算術ばかりではただの医師ですよ! 温泉卵というのがあります、この卵は外側が半熟で中だけ固まる。つまり温泉というのは普通の風呂と違って中が温まりやすいのです。体の調子が悪いときには温泉で臓器を温めてしまうといいのです。体の中の臓器が温まって癌細胞がなくなります。

此処から作成者松村の文章です;

 対症療法は医者がその病気の原因が分からないからする場合と、それが正しいと思ってする場合があると思います、少なくとも医者はそう思っているのか思わせているのかは私達には分かりませんが(本音と建て前)。いずれにしても現在の医療は原因を取り除くことをしないで封じ込めること、あるいは消し去ることに重点をおいている、これが問題である。だから例え治ったと仮定しても原因を突き止めそこから治していかないと何度も医者に診てもらうことになる、結局進歩がない前進がない、同じことの繰り返しである。  
 現在の医療体制は、医者、病院、製薬会社、薬局が儲かる仕組みが出来上がっている! ここに厚生省が深く関与しているに違いない、これを打破しなければ決して患者さんは増えても減らない。

大事なことは、体を冷やさない⇒体を温める⇒癌にガンとしてならない! 

対症療法(たいしょうりょうほう)とは、表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法。一般的にはあまり望ましいものではないともされる。例えば、胃痛を訴える患者に対し、痛み止めだけを服用させるのは典型的な対症療法である。一般に、何らかの痛みを訴える患者に対し、薬物やレーザーなどで神経系を抑制したり遮断することで痛みを制御する治療法はすべて対症療法である。他にも、風邪をひいた時に、咽頭痛に対して鎮痛薬、発熱に対して解熱薬、咳に対して鎮咳薬を服用するのも対症療法の一例である。[ウィキペディア]

 

一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社
続く

2012年6月13日 (水)

「癌に罹りにくい方法」 4.<冷え> 3)

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

4.<冷え>

 

3) 風邪を拗(こじ)らさない 

  皆さん、もし風邪を引いて39度以上の熱が出たら解熱剤を使わないで下さいね。出るがままにまかせる。ただし43度を超えると脳細胞が破壊されて、さらに体の蛋白質が固まってしまうので、「茹(ゆ)で卵」や「茹蛸」ならぬ「茹人間」になってしまいますから要注意ですよ。だから40度を超えたところからは額に氷嚢(ひょうのう)を当てて冷やしたほうがいいのですが、熱はむりやり解熱剤で下げないほうがいいです。

 体の内部が熱を発しているというのは、風邪のウイルスが熱を出しているわけではありません。風邪のウイルスや癌細胞は39度以上の熱に対して全部死滅するという性格を持っているからです。つまり発熱しているのは自分の体なのです。ウイルスを殺すために自分の体が発熱して、その39度の熱に耐えられなくて風邪のウイルスが全部死んでしまうという仕組みになっている。

 解熱剤を飲んで脳の中枢に働きかけて体が熱を落とすと、熱は下がるけれど、ウイルスは死なないまま体の中に居続けることになります。この状態を「拗(こじ」らす」といいます。風邪を拗(こじ)らせると風邪のウイルスが体のあちこちに入り込んで、いろいろな悪さをする。したがって、とりあえずは解熱剤を使わないで頭だけ冷やして、体が発熱するのを「ありがたい、ありがたい」と思いながら見守ったほうがいいのです。


此処から作成者松村の文章です;

 生物は誰が創ったのか、それはそれは素晴らしいつくりであります。動物、特に人間の構造は想像を絶すると言っていいほど、この世のものでないほど成功に且つ複雑に何の無駄もないように作られています。風邪を引くということは、神が「寒いですよ」、「働きすぎですよ」、「少し休みなさい」、と人に警告を出しているとしか思えません。ある程度の風等の病気は人間にとっていいものだと思います。重症になるということは無茶をするから体が追いつかない、それを越えると死に至る、と私はそう考えます。 


一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社


続く

2012年6月12日 (火)

「癌に罹りにくい方法」 4.<冷え>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

4.<冷え>

 

2) マラリア患者がいなくなって癌患者発生      

  ある欧州の国の話です。その国の首都の郊外にある湿地帯の中に小さい沼がありました。この沼地に住んでいる住民はマラリアに脅かされていました。この沼から発生する蚊がマラリアの病原菌を持っていて、そのため年間に何十人かのマラリア患者が出ていたのです。

 それで住民は政府に「この沼を埋め立ててくれ」と陳情しましたが受け入れられませんでした。それで住民はお金を出し合って沼を買い取りその沼を埋め立てました。

 結果として翌年からマラリア患者が一人も出なくなった。けれども大変なことが起こったのです、今まで一人も出たことのない癌患者が発生するようになったのである。

 なぜか?

 実はマラリアの蚊に刺されて発熱した人は、その熱の結果として、癌細胞を体の中で殺していたのです。


此処から作成者松村の文章です;

 医師に聞いたり、本や新聞を読んだりして知っているのです、現在低体温の人が増えています、その低体温の増加が癌患者の増加に繋がっている原因の一つであることは間違いないと私は思います。皆さんどうか身体を温めて下さいね、温める方法は、食事や服装、運動、温泉、風呂等があります。しかし頭は暖めないで下さい! 

皆さん、体を温めて癌と縁を切りましょう!! ここを読まれている賢明な皆さん方は癌になる可能性は極めて少ないと確信します!!!

 一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社


続く

2012年6月11日 (月)

「癌に罹りにくい方法」 4.<冷え>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

4.<冷え>

 

1) 冷えている臓器に癌が宿る

  人間の体の壊れ方の過程

1. 苦痛(≠ストレス)

2. 苦痛が溜まって疲れになる(眠っても取れない)

3. 次に、凝(こ)り、張り、痛みの始まり

4. 凝り、張り、痛みを放置しておくと臓器が故障。臓器の故障=病気

5. さらに進むと臓器が機能を停止。臓器の停止=死

 心臓、肺臓、肝臓、腎臓、脾臓の中で癌にならない臓器が二つあります。心臓と脾臓です。二つに共通していることはいつも温かい血液に満たされている、温かい臓器は癌にならない。だからいつも臓器を温めておけば癌にならない、簡単な話です。男性には罹らない癌がありますね、女性のみの癌です、出っ張っているところです、そこは冷えるからです、なんとなく解かりますよね。

 心臓から一番遠いところは足の指先です、その指先に運動をさせれば下半身に血が通うようになり冷え性も治ります。


此処から作成者(松村弘)の文章です;

 夏場、事務所や工場等での冷房は仕事上やむをえないことでしょう、身体を冷やし過ぎないように自分で一枚羽織るとか対策をすることです。また自宅での冷房の利きすぎや寝冷え等に十分注意し、風呂に浸かって冷え切った身体を温めることはとても大事なことです。   
 要は体を冷やさないで、暖めることです! 


 
一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社


続く

2012年6月10日 (日)

「癌に罹りにくい方法」 3.<遺伝子>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

3.<遺伝子>

 

2) 体の中には素晴らしい仕組み(システム)が備わっている  

玄米が体にいいというので、玄米だけを一生懸命食べている人がいます。この玄米食をしている千人あたりの罹病率と、白米だけを食べている千人あたりの罹病率を比べると、どちらが上だと思いますか。普通に考えれば白米の方が上だと思うでしょうけれど、実は玄米食の人のほうが罹病率は高いのです。

 どうしてこうなるのか、こういう理由です。「これが着色料、これが添加剤、これが防腐剤、だからこれも体に悪い、これも食べちゃいけない」というふうに体に言い聞かせていると、食べるものがすべてからだの中で敵に回してしまうらしい。「毒なんだ」と言われたものは、言葉通り全部毒になってしますわけです。

 逆に、「私は防腐剤入りでも添加剤入りでも着色料つきでも、全部栄養になるから平気!」と言ってバリバリ食べている人は、全部エネルギーに、栄養にしている可能性がある。人間の体の中には、毒物と一般的に言われているものをエネルギーに変換してしまう可能性が存在しているのです。


此処から作成者松村の文章です;

 なんでも美味しくいただくようにすれば、この素晴らしい仕組みを活用することになる。だから病気になりにくくなり、薔薇色の人生を送れるでしょう! 皆さんも一度試されてみたらいかがでしょうか、費用はいくら掛かるかって? 一銭も掛りません! なぜ無料かって? 自分でするから!!


一部抜粋書換え加筆

[参考資料]『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社

続く

2012年6月 9日 (土)

「癌に罹りにくい方法」 3.<遺伝子>

「癌に罹りにくい方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

3.<遺伝子>

 

1) 体の中には素晴らしい基本的な番組(プログラム)が備わっている  

体の中にそなわっている基本的な番組で体に害になると考えられているものも有益にできるかも知れません!

 一人の生物学者が面白いことを考えました。何百羽という養鶏場の鶏を買い取って、その鶏に3ヶ月間カルシウムを全く与えないという実験をしたのです。その結果として、すべての鶏が殻のついた卵を産まなくなってしまいました。普通の卵というのはカルシウムの殻の内側にぺにょぺにょの皮がついていますね。カルシウムを与えられなかった鳥たちは、そのぺにょぺにょの皮だけで卵を産むようになってしまったのです。

 100%の鶏が殻をつけなくなったという事実を確認した上で、この生物学の学者は次のような実験を試みました。カルシウムは相変わらず全く与えずに、カリウムを与え始めたのです。そうしたらどうなったか。1か月後ぐらいに、全部の鶏がカルシウムの殻に包まれた鶏の卵を産むようになったのです。

 この実験をもとに、学者は次のような内容の論文を書きました。

 すべての生物の中で原子核融合がなされているらしい。カルシウムを完全に遮断してカリウムを与えた結果、1ヶ月経って鶏は体の中でカルシウムをつくるようになった。カリウムしか与えていないのにカルシウムをつくるようになったということは、原子核融合が体の中で成されているあかしである。

 この事実を元にしてものを考えると、人間には限りない喜びが湧いてきます。生物界の頂点に立つ人間の体内には、電子計算機(パソコン)の中に入っている最高級ソフト同等以上のソフトが組み込まれている、ということが解かったからです。 

 皆さんが、馬鹿だ、阿呆(あほ、あほう)だのと言われた瞬間に、「それを聞けば聞くほど元気になるんだよね、ニッコリ」というふうに決めると全部エネルギーになるというのは、この高性能の働きがあるからなのです。

 一般論として、排気ガスは体に対して害になると考えられています。でも本人が体の中にある高度な機能、番組を使えば、無害になるどころかエネルギーにまでなってしまう。だから何を食べても飲んでも、全部自分の薬にすることができる。反対に、何を食べても飲んでも全部自分の毒にすることもできるのです。


此処から作成者松村の文章です;

 ようは出来事を全ていいように受け止めることです。普通悪いと思われることでもいいようにとることです、そうすれば腹も立たず、苦痛にもならない、当然遺伝子もいい方向に動く。皆さんがこの機能を上手に使えば何にでも応用できるはずです、癌にも活用できそうです! 確かお釈迦様はこのような一生を送られたと本で読んだ記憶があります。 

一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社

 

続く

2012年6月 8日 (金)

「癌に罹らない方法」 2.<原因を知っている医師>

「癌に罹らない方法」

1.心理学的 2.原因を知っている医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

2.<原因を知っている医師>

 

1)子宮茎部ガンについて
 
 パピローマウイルスの感染で合併症として子宮茎部ガンが発生し始めた。20年前はなかったが、今は23割が発症と危機的である。昔は発症しなかったのに、微量元素欠乏で発症し始めた。発症を止める切っ掛けすら研究者は思い出せず、感染症だからワクチンと短絡的に対処するようになったが、病気の本質が分かってないから、医学はお金がかかる方向で解決してお金を貰おうとしている。 


) 小児癌について
 
 小児ガンと言えば、白血病。普通通り超で治療を併用します。超ミネラル治療だけで治るが、子供は母親のもの、問診をして小児科医療管理下にあるから、慎重に併用させる。寛解期に一挙に治すことにしている。入退院を繰り返している患児なら、もう抗がん剤は効かないし、生命が危ないので、すぐ抗がん剤は止めさせ、超ミネラルだけで治す。 

 

寛解=症状が落ち着いて安定した状態


此処から作成者松村の文章;

 先生の考えは、癌(現代病の一つ)の原因の一つは栄養(微量元素)不足である。医者が病気を治すためには原因を知らなければならない、知らない医者は対症療法で治療する、ゆえに病気は治らない。しかし野島医師は原因を知っている、だから患者さんを治すことができるのである。

一部抜粋書換え加筆

 

野島クリニック 院長・野島尚武医師

 

続く

2012年6月 7日 (木)

「癌に罹らない方法」 1.心理学的

「癌に罹らない方法」

1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

1.<心理学的>

 

5) 発病を左右するのは「心の持ち方」  

私達は人を病気にさせる遺伝子も抱えています。例えば癌遺伝子があって、一方で癌抑制遺伝子もある、これで均衡を保っている。大切なのは均衡です。例えば癌遺伝子は接続(ON)になって癌細胞を作り始めているかもしれない、するとそれを抑制したり消したりする癌遺伝子が働いていて発病させない状態を保っている。これが均衡の取れた状態で、大きく均衡が崩れたときに、支えきれなくなって病気の加速度的な進行が始まるわけです。

 今までは、その切っ掛けを与えるものが遺伝外情報と考えられていた。今までは環境因子(食生活、煙草、水、食品に含まれている化学物質など)が危険だといわれてきた。この環境因子の影響は個人差が大きいのです。

 煙草を一本も吸わなくても肺癌になるというのは、やはり肺癌を促進するような遺伝子を内部に抱えているためだと思うのです。そういう要因に環境因子が加わる。物理的な環境因子は誰にでも同様に降りかかってきますが、内部要因との合体で、それが加速される。

 その場合悪い遺伝子に制動機(ブレーキ)をかけ、よい遺伝子を活性化する方法として、心の持ち方があります。「病は気から」と昔から言われてきましたが、体と心というのは従来考えられてきた以上に相互作用がある。従来から言われてきた自然治癒力を発揮する鍵は遺伝子が持っている。

 しかも心の持ち方は良くも悪くも大きな影響を及ぼすらしい。「病は気から」と云われてきていますが、体と心というのは従来考えられていた以上に相互作用があるということを示す状況証拠が沢山出てきているのです。

 多くの人はまだ環境因子という要因にばかり目を向けているが、遺伝子解読が進むと心の持ち方が最大の問題になってくると思います。

 その場合に脳の働きを心の働きと思っている人もいるようです。だが体の中のいちばんの司令塔は遺伝子です。従来から云われてきた自然治癒力を発揮する鍵は遺伝子がもっていると私は思います。

此処から松村の文章;

 大事なことは何事もよいように受け取ること(プラス思考)である、そうすれば遺伝子がいい方向に動く可能性があり、発病を抑えると思います。

 一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『生命の暗号』 村上和雄 2006 サンマーク文庫

 

続く

2012年6月 6日 (水)

「癌に罹らない方法」 1.<心理学的>

「癌に罹らない方法」

1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 

7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

 

1.<心理学的>

 

3) 健康自己管理(≒セルフケア=self care、正しい食事療法、等)でガンを克服       

 住吉克明氏(父親研究所)は、30年間患ってきた胃潰瘍が、ついに胃癌となり、切除しなくてはならない状況になったのは、約3年前のことであった。ほとんど死と隣り合わせの日々の中で、私は手術もせず、薬も飲まず、「他人に対して効果があった手当て(≒care=ケア)の理論(≒theory=セオリー、理屈)なら、自分にたいしても当然効果があるはずだ」という仮説のもと、自己管理を3年間続け、ついに癌を克服してしまった。

此処から松村の文章;

 癌はやり方次第で治るという事実です、皆さんもご安心下さい、方法はあります。多くの方が亡くなられるのはいい医者にめぐり合えないことです。 

一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『医者知らず老い知らずの生き方』 2006 安保徹 船井幸雄 徳間書店 

 

4) 女性のガンを誘う三つの口癖 

 此処には他の病院で見放された患者さんが辿りつく駆け込み寺的な病院です。此処に来られる末期患者さんの大体6割の方は亡くなりますが、何と4割の患者さんは治って社会復帰するというのです。他の病院で見放された癌患者さんの4割が社会復帰するという! 

末期癌患者さんのうち、乳癌、子宮癌、卵巣腫瘍の人に共通項がある。

1.女になんか生まれたくなかった

2.男に生まれてきたかった

3.今度生まれるときは絶対男だ

 そういい続け、思い続けてきた人達だそうです。それでずーっと自分の体に言い聞かせ、思い続けてきた結果、自分の体が反応した。「わかりました。じゃ、女でなくなっちゃいましょうね」というわけで、女性特有の器官を切り取る方向に動いた。

 誰のせいで?

 自分の言葉のせいで、自分の思いのせいで。

 纏めますと、

 自分の人生のすべての出来事を否定的に論証し、否定的に評価している人は、「生きているのがそんなにつらいんだったら早く死んじゃいましょうね」と体が反応するのです。

此処から松村の文章;

 否定的な言葉を使わないこと。女性であることの喜び、感謝の気持を持てば遺伝子はよい方向に働く。 

一部抜粋書換え加筆

[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』 2006 小林正観 致知出版社

 

続く

2012年6月 5日 (火)

「癌に罹らない方法」 1.<心理学的>

「癌に罹らない方法」
1.心理学的 2.原因を知る医師 3.遺伝子 4.冷え 5.職業 6.被爆 
7.食べ物 8.癌の検診と治療 9.生かされている 10.百冊の専門書等を読んで

1.<心理学的>

1) 癌の原因
 全ての病気には必ず原因がある、病気の完全な治癒は、その原因を取り除くことでもたらされる。現代医療では病気という起きた現象だけを見る診断を頼りにして治療を行っている。現代医療は原因に対する治療ではなく、現象に対する治療になっている。
それは治癒された症例で「自然発生的に心理的変化が起きて、心理的苦痛(ストレス)が解消した」という共通の現象が認められた。心理的苦痛の解消は自然におきたことで、意図してなされたことではなかった。
 医学的に理解し難い治癒が起きた症例では、一般的ではない心理が働いていた。
これには三つの分類がある。
1) 患者が癌という現実から離れる
2) 患者が癌という現実を忘れてしまう
3) 自分の人生観をしっかり持つ
 究極的には癌になる前の生き方とは決別し新たな生き方に踏み出す。心の在り方が癌の原因だけでなく、予防や治癒においても関係している。また癌と対峙しないことも大切である。
此処から作成者の文章です;
 今までとは違った生き方をすることだと思います。
一部抜粋変更加筆
[参考資料] 『ガンをつくる心治す心』 土橋重隆 2006 主婦と生活者   

2) 癌細胞をなくす方法 
 「ありがとう」を繰り返す。「ありがとう」と言っていると結果として癌細胞が零になった人がいるのは本当です。西洋医学では、一度癌が発見されると癌細胞は絶対に小さくならず、後は死を待つのみということになっている。西洋医学で医者が「告知」という言葉を使うのは二つだけあって、一つは「受胎しました」と「癌の告知」、これは要するに死の宣告である。ゆえに西洋医学の本に書いてあることは「嘘」である。「ありがとう」を繰り返すと癌細胞がなくなる可能性がある。   
此処から松村の文章
感謝の気持を持って「ありがとう」を繰り返す! 遺伝子がいい方向に動くと思う。
一部抜粋書換え加筆
[参考資料] 『宇宙を味方にする方程式』2006 小林正観 致知出版社

続く

2012年6月 4日 (月)

お詫びと訂正

昨日配信したメール内での行事ご案内の曜日に誤記載がございました。
誤 6月24日(土) ×
正 6月24日(日) ○
謹んでお詫びを申し上げ、訂正させていただきます。 

■6月24日(日) 日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム
平沼赳夫 vs 田母神俊雄 誇り高き二人の武士がホンネで語る「日本の危機」
~真の独立国日本の政治と国防~

日 時 平成24年6月24日(日) 開場12:00 シンポジウム13:00~16:00
場 所 岡山シンフォニーホール (岡山市北区表町1-5-1 TEL 086-234-2001)

不屈の信念を持った二人の武士、平沼赳夫氏と田母神俊雄氏を講師としてお迎えし、「在るべき独立国日本の姿」について本音で大いに語っていただき、今の日本が直面している危機を打破するために、我々一人ひとりが、いかに行動すべきなのかあらためて考えて参りたいと存じます。お誘い合わせの上、多くの皆様のご参集をお願い申し上げます。

講演1 13:20-14:20 『信念の政治家が語る 在るべき日本の政治』
講師/平沼 赳夫 氏

講演2 14:30-15:50 『不屈の愛国者が語る 在るべき日本の国防』
講師/田母神 俊雄 氏

■参加費(チケット販売) 
前 売  一般1,500円  大学生以下 1,000円
(当 日  一般1,800円  大学生以下 1,300円)
■チケット取扱 
実行委員会事務局 086-234-7200
ローソンチケット(Lコード 68461)
岡山シンフォニーホール 086-234-2010
ぎんざやプレイガイド 086-222-3244

【お問合せ】日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム実行委員会事務局
〒700-0818 岡山県岡山市北区蕃山町4-5 日本会議岡山 内
電話086-234-7200 
FAX 086-234-7201
Eメールhinomaru@nipponkaigi-okayama.jp

※日本会議岡山HP
http://www.nipponkaigi-okayama.jp/evevtguide.html#24_6_24

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

転載です、私はたちあがれ日本党首平沼赳夫衆議院議員を応援しています。
平沼さんは日本を再生できる数少ない誠の人だからです。

2012年6月 3日 (日)

■外国人参政権に断固反対する!

 民主党の「永住外国人法的地位向上推進議員連盟」が、5月30日、「特別永住者」へ地方選挙権を付与する方向で検討に入り、議員立法で法案成立に向け動き出しています。
 参政権は日本国民固有の権利です。これを外国人に付与することは重大な憲法違反です。地方議会と連携し、日本社会の根幹を揺るがす外国人地方参政権付与法案にわが党は断固として反対します。 
たちあがれ日本代表 平沼赳夫

□たちあがれ日本は「自主憲法大綱案」を発表致しました。自主憲法大綱案は公式サイトでご覧いただけます。
http://www.tachiagare.jp/pressinfo.php

□5月30日(水)、定例記者会見
 衆議院第一議員会館にて、「新しい党の政策」「たちあがれ日本 尖閣諸島募金口座の開設」などについて報告しました。「たちあがれ日本チャンネルYouTubeチャンネル」
http://www.youtube.com/watch?v=mv30R40JLAA&list=UUukeduzMrX9hT_PAQZc1-Cg&index=1&feature=plcp

たちあがれ日本は石原慎太郎東京都知事のよ都による尖閣購入表明を支持します。尖閣諸島募金口座についてはこちらを御覧下さい。
http://www.tachiagare.jp/emergency/donation.php

□動画メッセージ
「アメリカ頼りの拉致解決は望めない」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20120521.html
「石原都知事の尖閣バクダン発言を支持します」
http://www.hiranuma.org/new/message/message20120501.html

□油断大敵!注視し警戒しなければならない「危険で無用な法案」
「人権侵害救済法案反対ページ」
http://hiranuma.org/new/download01.html
※人権侵害法案反対ビラをご活用下さい。

以下のような報道がありましたが、今国会の会期延長の含みもあり、このまま鵜呑みにして「安心」するわけには参りません。敵はあきらめていません。厳重な警戒が必要です。
(「時事通信」5月29日18時42分配信)
人権委法案、今国会断念=異論根強く―政府・民主
 政府・民主党は29日、法務省の外局として人権救済機関「人権委員会」を設置する法案の今国会提出を見送る方針を固めた。自民党を中心に「人権委が強力な権限を持つ恐れがある」との異論がある上、今国会は各種法案の処理が停滞し、日程が窮屈になっていることが影響した。
 法務省の政務三役の一人は29日、人権委設置法案について「自民党保守派の反発が強い」と指摘。民主党国対幹部も「6月21日の会期末が近づいたこの時期の新法案提出は無理だ」と語った。 

【報告】
□世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム
日時:2012 年 5月 18日(金)  開場 18:00 開会 18:30から
会場:日本プレスセンタービル 10 階ホール

『世界ウイグル会議』の議長であり2006年ノーベル平和賞受賞候補者でもあるラビア・カーディル氏をお招きし、日本側からは国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこ氏を迎え、ウイグル問題を通じて日本が中国の覇権にどのように対峙していくかを討議しました。
(1)開会宣言
YouTube : http://youtu.be/877rMmw-7lA
(2)中共によるウイグルへの侵略史
YouTube : http://youtu.be/dVATsX6Pv5U
(3)現在も続く女性たちの強制連行の実体とは?
YouTube : http://www.youtube.com/watch?v=DbT1YX4iasw&feature=colike
YouTube : http://youtu.be/7ByzTk0DF78

【Free Uyghur】世界ウイグル会議 第4回代表大会開会式&懇親会[桜H24/5/15]
http://www.nicovideo.jp/watch/1337071914
アジアで初となる歴史的意義の高い『世界ウイグル会議 第4回代表大会』が14日、東京で開幕されました。永田町の憲政記念館で行われた開会式と、その後に行われた親睦会の模様のダイジェスト映像です。

■ご案内 平成24年6月10日(日)、女性部主催の講演会開催
 平成24年6月10日(日)、三木圭恵兵庫県第一支部長が女性部長を務める主催の「たちあがれ日本女性部・兵庫の集い」を開催します。
 集いでは、「日本は文化のプラットホーム」などをテーマに、中山恭子参議院幹事長代理による基調講演が行われ、講演会の後、スイーツを用意した懇親会を行います。
 下記の要項によってお申込みいただければ、どなたでも参加できます。

日 時:平成24年6月10日(日) 14:00~16:00(講演会/懇親会)
場 所:神戸三宮・生田神社会館 3階 「菊の間」
   (兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1  TEL:078-391-8765)
講 師:中山恭子 参議院幹事長代理
会 費:2,500円
お申込み:
    たちあがれ日本女性部事務局
    兵庫県三田市相生町26-24-202
    Fax:079-562-0055
    Eメール:k-miki@sandacity.name
    FAX、メール又は封書にて、お名前・ご住所・連絡先を明記の上お申し込み下さい。

■ご案内【岡山】6月24日(土) 日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム
平沼赳夫 vs 田母神俊雄 誇り高き二人の武士がホンネで語る「日本の危機」
~真の独立国日本の政治と国防~
日 時 平成24年6月24日(日) 開場12:00 シンポジウム13:00~16:00
場 所 岡山シンフォニーホール (岡山市北区表町1-5-1 TEL 086-234-2001)

不屈の信念を持った二人の武士、平沼赳夫氏と田母神俊雄氏を講師としてお迎えし、「在るべき独立国日本の姿」について本音で大いに語っていただき、今の日本が直面している危機を打破するために、我々一人ひとりが、いかに行動すべきなのかあらためて考えて参りたいと存じます。お誘い合わせの上、多くの皆様のご参集をお願い申し上げます。

講演1 13:20-14:20 『信念の政治家が語る 在るべき日本の政治』
講師/平沼 赳夫 氏
講演2 14:30-15:50 『不屈の愛国者が語る 在るべき日本の国防』
講師/田母神 俊雄 氏
参加費(チケット販売)  前 売  一般1,500円  大学生以下 1,000円
(当 日  一般1,800円  大学生以下 1,300円)
チケット取扱 (平成24年4月~) 
実行委員会事務局/ローソンチケット(Lコード 68461)/岡山シンフォニーホール/ぎんざや

【お問合せ】日本独立回復60周年・沖縄祖国復帰40周年記念シンポジウム実行委員会事務局
〒700-0818 岡山県岡山市北区蕃山町4-5 日本会議岡山 内
電話086-234-7200 
FAX 086-234-7201
Eメールhinomaru@nipponkaigi-okayama.jp
※日本会議岡山HP http://www.nipponkaigi-okayama.jp/evevtguide.html#24_6_24

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

転載です。何か御座いましたらご連絡下さい。日本を再生できる政治家は限られています。私は誠の政治家平沼赳夫先生を応援しています。松村 弘

2012年6月 2日 (土)

<先を読む>

先を読む(3年、5年、10年)、先を走る

 何をするにも時期がある。どんな事業であっても永遠に続くものではない、ましてや現在のような移り変わりの早い時代には尚更である。10年一昔というが、今では5年周期で世の中は動いていると考えるべきだ。パソコンや携帯電話等インタ-ネット関係ならもっと短い周期である、恐らく「月進年歩」、「秒進分歩」である。

 成功するためには先を読まなければならない。現在を見て、過去を見て、未来を見るのである。情報源はなんだろうか、テレビ、新聞、それともインタ-ネットか。他にもラジオ、映画、百貨店、人々の服装、食べ物等情報はいくらでもある。あるいは海外旅行でまったく別の世界が見える。外国語が理解できれば別の角度から情報が入る、例えば英国放送局(BBC)や米国のCNN英語放送を見れば更に異なった情報が入り今後の見通しに大いに役立つ。この物凄い情報をどう処理できるかが成功者の条件の一つである。即ち自分を向上させて、見る目を養い、1年、3年、5年、10年先を読むのである、そして決断を下さねばならない。

 自分のことであるが10年先まで読めたので現在仕事が順調に進んでいること間違いない(勿論運によるところが大きいが)。私が通訳業を始めたのは今から17年前1995(平成7)年阪神淡路大震災の少し前だった。未だパソコンを使用している人は非常に少なかった。インタ-ネットという言葉を知っている人は極一部の専門家のみだったのではないか。当時はパソコン通信が全盛時代だった。お金を叩いてFMタウンの中古を友達の助言を得て買った。友達の話を聞きながらまた教わりながら何ヶ月か過ぎ、自分で何とか電子メ-ルを使ったり、ホ-ムペ-ジを見たり、また自分でホームペ-ジらしきものを作成(今思えば園児の絵画きのような代物!)して、何と便利なものか、早く独りで自由に使えるようになろうと思った。そして来る日も来る日もパソコンを上手に使えるように頑張った、そして数年後にはこの時代が到来すると読んだ。

全くその通りになった、広告や通信はできる限りパソコンを活用した。それで広告費が零に近づき、また通信費を大幅に節約できた。もう一つ読んだのは5年先だ、海外の通訳を手配するのは時差を見て海外へ電話をしていたが、5年後には電子メ-ルでできると考えたがこれもその通りになり通訳手配が楽になった。10年先はこのホ-ムペ-ジで通訳集めができると読んだがそれもその通りになり、お客さんも同時に獲得することが可能となった。もし先を読む力がなっかたら現在この仕事の分野で今ほど順調に進んでなかったと思う。

2012年6月 1日 (金)

<「早い」ということ>

■早いほど良いというものではないが、一般に早いほど良いのではないだろうか

 

1)その分野では最初の頃に始める

 日本のス-パ-の始まりは昭和301960)年代であり、現在の大手ス-パ-の多くは当時の創業である。今からス-パ-を始めてもどうだろう、まずどう考えても既存のス-パ-に勝ち目はないのではないか。もし今始めて成功するような経営者なら恐らく今からス-パ-経営を始めることはしないだろう。多分別のことをするだろう、また何をしても成功するはずである。

 事業を始めるのはその分野で普通早いほどよいと思う、ただ早すぎては駄目で勿論時期がある、それは大抵の業種に当てはまるだろう。世に必要な企業は既にあるはずだ。起業は今現時点で見当たらないか、始まって間もないか、あるいはこれから必要な分野である。

 

2)決断がはやいこと

 例えば得意先から引き合いが入ったとする。条件は以前と特に変わらず、急いでいるので早く返事をほしいとしよう。この場合は二股や三股をかけている場合が多い、だから少しでも早い方が受注できる可能性は高いと思われる(入札は別)。

人を採用する場合、応募者は大抵複数の会社に履歴書を送っているはずである、だから決断は早いに越したことはない。

 

3)返事(電子メ-ルや手紙など)

 手紙はさておき、電子メ-ルは現在の通信手段でこれに勝るものはないのではないか。勿論、用途に応じて郵便、ファックス、電話などに使い分けるが、速さ、便利さ、料金などの面で電子メ-ルは他を圧倒している。企業などでこれを使用しないところはないだろうし、成功している企業や人はこの分野でも使用は早いはずだ。勿論返事も全部といってよいほど早いはずだ。例外を除いて誰もが早く返事をほしいものである。

 

4)約束

 人と待ち合わせをして鉄道とか飛行機で旅行等する場合にいらいらしたことはないでしょうか。ぎりぎりにならないと姿を見せない人や遅れてくる人は必ずいます。大事な取引先のお客さんならどうしますか。大事な会議に参加する場合なら相手はなんと思うでしょうか。人よりも早く来ることはとても大事です。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »