« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

<太陽光発電>

―原子力発電零は困難ではないかー

 

このままでは太陽光設置1200万戸になる、だが電気料金は最大2倍になる可能性あり。

 

太陽電池出荷は7割増である、しかし顕著な出荷量は中国など安い輸入製品で、国内の電池製造業は苦境に立たされている。

 

国内生産が前年同期比4割強の伸びに対して、輸入製品は3倍強の伸び。また輸入製品に占める割合は29.6%の131千キロワットと、前年同期(15.5%)の倍近くになった。輸出は61.7%減の168千キロワットである。

 

問題点の一つは電気料金が2倍になる可能性があり、一般家庭や企業に大きな負担増となる。もう一つは今のままでは海外からの安い製品の輸入増加で国内企業が潤わず、雇用に繋がらず、逆に解雇に繋がる。結果として太陽光関連の外国企業を儲けさせ、日本の企業を廃れさせる。同時に電気代が高くなり輸出産業も大打撃を受け、我々日本人は苦痛をうけるのみ、結局特をするのは中国等海外の企業である。ゆえに太陽光発電は程ほどにすべきではないか。

 

私が衆議院議員なら国民の皆様に、納得できるように分かりやすく説明し、10年、20年先を見つめて太陽光発電に取り組みます。

[参考資料] 産経新聞829日(水)号

2012年8月30日 (木)

訂正とお詫び

平沼赳夫メール通信において誤字があり、皆様にご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、謹んで訂正申し上げます。
まことに申し訳ありませんでした。

「(誤)会場警察犬→(正)海上警察権」

平沼赳夫事務所事務局

転載です

「海上保安庁法」「外国船舶航行法」改正案、可決成立

平沼赳夫、「たちあがれ日本」の転載です。
日本国のために大事なことですので転載しました。

■参議院本会議で会場警察犬を強化する「海上保安庁法」「外国船舶航行法」改正案、可決成立

本年2月の閣議決定以来、店晒し状態で遅々として審議が進んでいなかった「海上保安庁法」「外国船舶航行法」改正案が漸く国会中での成立が実現しました。
8月15日の尖閣諸島魚釣島へ中国人が不法上陸した事案も、本改正法が早期に成立していれば、海上保安庁の巡視船がもっと有効な対応が出来、未然に阻止できたはずだとと存じます。
たちあがれ日本は、皆様に国会誓願の署名をお願いし、10万名を超える皆様のご協力をいただき、衆参両院に提出いたしました。皆様には署名活動などにご協力いただき、ありがとうございました。
参議院国土交通委員会においても繰り返し同法案の必要性について主張し、政府・民主党の領土領海を守る姿勢を質してまいりました。
万が一日本の領土領海を守るための法案が、与野党の対立の影響によって不成立になれば、周辺国に対し日本は領土・領海保全に消極的であるとの誤ったメッセージを発信することとなり、今後一層、強硬な姿勢に出ることが懸念されていました。
周辺国は尖閣諸島周辺海域での領海侵犯等の不法行為を常態化させています。
法改正が実現し、領海警備能力を格段に強化することが、政局や党利党略より最優先されることは当たり前のことです。
厳しい状況の中での今回の改正実現は、与野党が無視できない国民の皆様の大きな後押しのお陰であると存じます。

改正案成立により
◎海上保安庁の主要任務に「領海警備」を加える。
◎船舶に対し、接舷・立ち入り検査を行うことなく、「退去命令」を発し、また「退去命
令違反による拿捕」ができるようにする。
◎遠方離島の陸上での海上保安官の警察権執行を可能とする。
◎違法船舶の所有者や団体などへの質問権拡大
◎放水銃などの実力行使の使用基準の緩和
などが可能となります。
今日の参議院本会議での可決後、20日後に施行される予定です。

これからは、東京都や国による尖閣諸島の公有化と灯台や港湾等の設備整備による実効支配を目に見える形で行い、領海警備活動を可能とする自衛隊法の改正に取り組んでまいらねばなりません。
引き続き格別のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【人権救済機関設置法案にたちあがれ日本はあくまでも反対いたします】

8月29日、午前8時から民主党法務部門会議が開かれ法務省原案の「人権委員会設置法案の法案審査」が議題となり、了承されました。政調にあげられることになり、閣議決定へ向けた党内手続きが進められることが懸念されます。

9月8日の会期末をにらみ、残り10日足らずの日程の中、今国会での成立は極めて困難と見られますが、国会へ上程されれば、臨時国会へ向けて継続審議の手続きを取られることも考えられ、今後に大きな禍根を残します。このようなどさくさ紛れの「イタチの最後っ屁」を断じて許してはなりません。

マスコミ等が内容をほとんど報道しないため、法案の問題点や危険性についてご承知ではない方がまだまだたくさん居られます。
心ある皆様には是非同法案への危機意識を共有して頂き、街頭や戸別での配布・アピール活動などによるご協力をお願い致します。(チラシは以下のアドレスからダウンロードできます) http://tachiagare.jp/policy/
(街頭や戸別での配布活動などで一定部数が必要な場合は、党本部で受付をしております。必要部数・送付先などをご連絡下さい。)

■平沼赳夫TV出演のご案内
【9月2日(日) NHK日曜討論 平沼赳夫出演】
「テーマ:野田政権とどう対峙するのか、重要課題、今後の政局について」
 10:30~10:36頃 出演 (番組は9:00~10:40予定)

【行事ご案内】

■【大阪 9月1日】平成24年9月1日(土)
女性部(三木けえ部長・兵庫県第一支部長)主催「中山恭子先生を囲む会」開催
囲む会では、「北朝鮮拉致問題から見える日本の政治」を演題に中山恭子参議院幹事長代理らの講演を予定しています。
下記の要項によってお申込みいただければ、どなたでも参加できます。皆様のお越しをお待ちしております。

◎日時:平成24年9月1日(土) 14:00~16:00
◎場所:大阪護国神社 (大阪府大阪市住之江区南加賀屋1-1-77)
◎講師:中山恭子 参議院幹事長代理
◎会費:1,000円

お申込み:電話、又はFAXにて、お名前・ご住所・ご同伴者・連絡先を明記の上、8/25(土)までに下記連絡先までお申し込み下さい。
【たちあがれ日本 女性部・大阪】
 大阪府堺市中区深井中町1253-1深井諏訪ビル401
 Tel:072-277-4140 Fax:072-277-4309
備 考:男性の参加も可能です。定員(150名)になり次第締め切りとなります。

■【東京 9月2日】国民大集会「すべての拉致被害者を救出するぞ!」
拉致議連主催による国民集会が下記の日程で開催されます。
たちあがれ日本からは、平沼赳夫、藤井孝男、中山恭子の3議員が出席する予定です。
◎日時 平成24年9月9日(日)14:00~17:00
◎場所 日比谷公会堂(東京都千代田区日比谷公園1-3)

■【東京 9月4日】「竹島占拠、尖閣上陸、韓国大統領暴言に抗議する緊急集会」開催について  先般韓国の李明博大統領は、突然竹島に不法上陸を決行、歴史問題を再燃させて天皇陛下への謝罪要求を行いました。
  また、尖閣諸島の領有権を主張する中国人活動家の魚釣島への不法上陸に対して、日本政府は強制送還という外交決着を図りました。一昨年の中国漁船体当たり事件以降、尖閣諸島周辺では、中国公船の活動が活発化して領海侵犯を繰り返しており、一方北方領土ではメドベージェフ首相が上陸を繰り返しています。
  このように、日本を取り巻く領土・領海では、中国、韓国、ロシアがかつてないほど強硬姿勢に転じ、我が国の領土・領海・国家主権は脅かされています。
  私どもは、こうした事態を憂慮し、我が国の主権と名誉を守るため、緊急集会を開催することといたしました。
  突然の集会でございますが、何卒ご参加賜りますようお願い申し上げます。

「竹島占拠、尖閣上陸、韓国大統領暴言に抗議する緊急集会」
◎日 時 平成24年9月4日(火)13時~(約90分)12時開場
◎場 所 衆議院第一議員会館 地下一階 大会議室
  千代田区永田町2-2-1 丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅、
  有楽町線・半蔵門線「永田町」駅、南北線「溜池山王」駅
◎参加者 300名(入場無料)
※入館には「通行証」が必要ですので、FAX 03-5157―5657
又は電子メールme@nipponkaigi.orgで、必ずお名前と連絡先をお知らせ下さい。
※通行証は当日12時から13時まで、衆議院第一議員会館国会議事堂側「入り口」にて
配布します。
◎内 容 国会議員の挨拶、各界からの提言、決議文採択
    平沼赳夫氏(衆院議員・日本会議国会議員懇談会会長)
    馬淵澄夫氏(衆院議員・元国土交通大臣)
    下村博文氏(衆院議員・日本会議国会議員懇談会幹事長)
    山谷えり子氏(参院議員・日本の領土を守るため行動する議員連盟会長) 
    一色正春氏(元海上保安官)
    青山繁晴氏(独立総合研究所代表)
    西岡力氏(東京基督教大学教授)  
◎主 催 日本会議(三好達会長)・日本会議国会議員懇談会(平沼赳夫会長)

■【愛知 9月8日】ちあがれ日本青年部 街頭演説(名古屋駅前)
◎日時:平成24年9月8日(土) 14:00~15:30頃
◎場所:名古屋駅桜通口前(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4)
◎弁士:藤井孝男(参議院代表)
    中山恭子(参議院幹事長代理) 
    青年部有志(かけはし塾卒業生)

■【青森 9月9日】升田世喜男支部長(青森県第一支部)主催の「升田世喜男ケッパロー会」開催 下記日程にて、ケッパロー会(励ます会) 当日、平沼赳夫代表、園田博之幹事長が参加を予定しています。
どなたでも参加できます。皆様のお越しをお待ちしております。

◎日時:平成24年9月9日(日) 14:00~16:00
◎場所:ホテル青森 3F「孔雀の間」(青森県青森市堤町1-1-23 TEL:017-775-4141)
◎会費:無料
お問い合せ:升田世喜男事務所 青森県青森市浜田字玉川187-4
      Tel:017-721-3799  Fax:017-775-2377

■【神奈川 9月20日】「第13回 松田学と語る会」開催
松田学支部長(神奈川県第一支部)主催の 講演では、「日本力倍増に向けて~どうなる、政界再編~」をテーマに、平沼赳夫代表を講師に迎え、議論が行われる予定です。
どなたでも参加できます。皆様のお越しをお待ちしております。

◎日時:平成24年9月20日(木) 18:30~
◎場所:横浜市関内ホール 小ホール
    (神奈川県横浜市中区住吉町4-42-1 TEL:045-662-1221)
◎講師:平沼赳夫 代表
◎会費:1,500円
お問い合せ:松田まなぶ事務所 横浜市中区山下町107-7ハイライフ山下町ビル903
      Tel: 045-228-7865  Fax:045-228-7864
      Eメール:nipponsaiken@gmail.com HP: http://www.matsudamanabu.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2012年8月29日 (水)

「円高」並びに「金不足」

日本は、円高弗(ドル)安、並びに税不足で大変だ、大変だ、といっています。しかし何も大変なことはありません。

 

円高の解消方法は、

1.お金を米国の弗札の様に刷ればいい。そうすれば円安になる。結果として、

1)輸出が進む!⇒企業が儲かる⇒社員の給料が上がる⇒物が売れる!!

2)消費増税は不必要!

2.年12兆円程度の米国債を買っている。国際を買うのを止めて、同盟国米国から原潜でも買って国の守りを固める! 日本も米国もよし、一石二鳥ではありませんか。

 

 

私が衆議院議員なら国民の皆様に、納得できるように分かりやすく説明し、実行に移しますがね!

2012年8月28日 (火)

<靖国神社>

我が祖国、日本を命を賭けて護ってきた人たちの社

 

■歴史

 幕末から明治維新にかけて功のあった志士に始まり、嘉永61853)年ペリー来航以降、日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者 を「英霊」と称して祀ってある。その柱数(柱=神を数える単位)は平成162004)年1017日現在で計2466532柱に及ぶ。

 神社名にある「靖国」は(国を靖んずるなり、即ち平和な日本を作りたい)という願いがこめられて名づけられた、明治天皇が命名したもので、明治 121879)年に改称された。英語圏では「Yasukuni shrine」と表記されるが、「war shrine」(戦争神社)と表記される場合がある。

東京招魂社は軍が管轄するものとされ、明治天皇の裁可を得て明治121879)年64日に「靖國神社」への改称と別格官幣社列格の太政官達が発せられた。戦後は政教分離政策の推進により国家管理を離れて宗教法人となり日本政府との直接的な関係は無くなった。 

 合祀手順は戦前、旧陸海両軍の審査によって合祀が内定され、天皇の勅許を経て決定された。合祀祭には天皇が祭主として出席し、合祀されることは死者・遺族にとって最大の名誉であると考えられることが多かった。しかし敗戦により、靖国神社は一宗教法人化した。戦後になると合祀制度は形を改めたが、昭和271952)年)当時には未合祀の戦没者が約200万人に上り、遺族や元軍人を中心に「合祀促進運動」が起こり、昭和311956)年に厚生省が新しい合祀手順を定めた。御霊(みたま)は身分、職業、年齢、性別にかかわりなく、手厚く祀っているという。

2012年8月27日 (月)

-原子力発電所-

国家戦略として、経済、食料政策、国のエネルギー政策はこの上なく重要である。また、エネルギーの安全保障から、火力発電(天然ガス、石炭)なしでの、再生可能エネルギー(太陽光、風力等)のみでの供給の保証は困難である。

 

〇電源別費用(国家戦略室)1キロワット時当たり

・天然ガス:10.7

・石炭火力:9.5

・原子力:9.0

〇燃料費+排出権費用の全体の費用占める割合、

・天然ガス火力:87%  

・石炭火力:71%  

・原子力発電:11% ⇒海外に支払われる

・火力発電⇒海外に支払われる:70~80%以上

 原子力発電⇒海外に支払われる:数%以下


全国で開いた原発の意見聴取会で

原発零:7割

意見公募では、

即時原発零:8割

 

しかし、我国が3040年先で原発零は無理だろう。原発零にするには平成30年には費用が高い再生可能エネルギーを35%に高めねばならない、すると電気料金は現在に比べて最大で2倍になる。

42円の太陽光発電の買取を20年間続けることは可能か。また製造業にとっても費用逓減への技術開発意欲に繋がらない。実現できるかどうか分からない再生エネルギーの技術革新をエネルギー政策の前提にすべきではない。

 

原発が止まる方が恐ろしいか、それとも事故が恐ろしいか。再稼動反対派は、文明を支えている原発の重要性は理解できる、しかし一旦事故が起これば恐ろしい、だから原発を廃止しよう。一方賛成派は、現在の文明を原発なしで継続は不可能である、ゆえに少なくとも当座の間は利用しよう。

 結局原発なしで例えば夏の暑さを乗り切れるか、乗り切るためには火力発電を稼動するためには少なくとも年間3兆円相当の化石燃料の輸入が必要である。すると当然電気料金が値上がりする。そうなれば、

1.家庭の電気料金の値上げ⇒家庭に大打撃

2.産業に大きな影響を与える⇒企業の倒産や規模縮小

3.製品の値上げ⇒輸出が減る

4.失業者が増える⇒救済に多額のお金が必要

5.停電低頻度は維持できず医療機器が動かなくなる⇒病院が大混乱

6.信号が止まる⇒交通事故の多発

 

これはごく一部のことであり、海外や今後の世界の動きに大きく左右される可能性を否定できません。しかし日本が独立国で世界の一等国であり続けるためにも、極めて難しい選択ではある、が選択の誤りは許されないということを肝に銘じることではあるまいか。

 

さて、あなたならどちらを選びますか、原発継続、それとも廃止!?

 

私が政治家なら現在、20年先、50年先を見据え、専門家や国民の意見を聞き、議論もし、一人でも多くの国民に納得戴く最善の方法を見出します。そしてそれこそ命をかけてこれが最善の方法だと国民に説得して廻ります。

 

[参考資料] 産経新聞、8/2号、8/21号、23号

2012年8月24日 (金)

―慰安婦問題―

 日韓の慰安婦問題、この事実はなかった、もしあるなら韓国にはその証拠を見せる或いは証明できなければならない。しかし当然証拠はなく、証明も無理である。

慰安婦に類似する問題は何も日韓だけに横たわるものではなくあちこちにある。韓国でいえば、終戦時に朝鮮半島から日本本土に帰る途中多くの若い女性が韓国人に犯されてその後殺された、だからその事を知った多くの日本人女性はそのような目に合うくらいならと自殺した。日本本土では米兵によって多くの日本女性が犯された。大戦末期ベルリンに進行してきたソ連兵により多くのドイツ女性が犯された。しかし誰もその事を声を大にしていわない。なぜかどうも韓国だけのようである。

いずれにせよ、私が政治家なら、河野洋平談話を破棄し、慰安婦問題はなかった、戦後処理はすべて解決済みと宣言します。

2012年8月23日 (木)

―竹島問題―

竹島は終戦のどさくさに紛れて李承晩大統領が李ラインをひいて自国領にした。残念なことに我国は円満にやり過ごした。このままでは永遠に埒があかない。今ここで政府はけじめをつけるべきである。韓国が竹島を自国領というのなら証拠を見せてもらうことである。私が政治家ならそうやります。

2012年8月22日 (水)

お詫びと訂正

お詫びと訂正

前の掲載に誤植がございました。
謹んでお詫びを申し上げますとともに訂正申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆李明博韓国大統領の竹島上陸と暴言に抗議する(声明)

 八月十日午後、韓国の李明博大統領は、日本政府の再三の中止要請を無視し、韓国が不法占拠しているわが国の領土・竹島に上陸した。しかも李大統領は十四日、天皇陛下の韓国訪問に関して「独立運動で亡くなられた方々を訪れ心から謝罪していただきたい。痛惜の念だとか、こんな単語一つで来るなら、来る必要はない」などと、非礼極まりない暴言を吐いた。こうした非礼な言動は、日韓関係を悪化させるだけであり、断じて認められない。
 北朝鮮の核開発などを踏まえ、近年、わが国と米国、韓国との問で安全保障に関する協力体制が構築されつつあるが、韓国大統領の一連の行動は、これらの協力関係を大きく損なうものであり、深く失望している。
一方、韓国による竹島の不法占拠が続き、実効支配が強化されてきたにもかかわらず、わが国はこれまで十分な対抗措置をとってこなかった。そもそも政府として「竹島の日」を制定しておらず、学校教育での領土教育も不十分だ。
 よって、われわれは、アジアの平和と安全を守るため確固とした安全保障体制を強化していくとともに、政府に対して次の三点を強く要望する。

一、天皇陛下に謝罪を要求した李大統領に対し、その発言の撤回と謝罪を求めること。

二、内閣に竹島問題に対する対策本部を設置して直ちに国際司法裁判所に提訴するとともに、法律をもって「竹島の日」を制定し、わが国の立場を理解するよう国際広報活動を展開すること。

三、領土・領海に閣する学校教育を充実させること。関連して、わが国の領土教育を歪めている「近隣諸国条項」を教科用図書検定基準から削除すること。

平成二十四年八月十八日 たちあがれ日本

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

<平沼赳夫衆議院議員の報告>

私、松村も平沼代議士と略同じ考えで、日本再生のためにとても大事のことです。読んでいただけましたら幸いです、この場をお借りましてよろしくお願い申し上げます。
 
平沼赳夫 国政報告会 
たちあがれ日本代表 
衆議院議員   
平 沼 赳 夫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
李明博韓国大統領の竹島上陸と暴言に抗議する(声明)
 
 八月十日午後、韓国の李明博大統領は、日本政府の再三の中止要請を無視し、韓国が不法占拠しているわが国の領土・竹島に上陸した。しかも李大統領は十四日、天皇陛下の韓国訪問に関して「独立運動で亡くなられた方々を訪れ心から謝罪していただきたい。痛惜の念だとか、こんな単語一つで来るなら、来る必要はない」などと、非礼極まりない暴言を吐いた。こうした非礼な言動は、日韓関係を悪化させるだけであり、断じて認められない。
 北朝鮮の核開発などを踏まえ、近年、わが国と米国、韓国との問で安全保障に関する協力体制が構築されつつあるが、韓国大統領の一連の行動は、これらの協力関係を大きく損なうものであり、深く失望している。
一方、韓国による竹島の不法占拠が続き、実効支配が強化されてきたにもかかわらず、わが国はこれまで十分な対抗措置をとってこなかった。そもそも政府として「竹島の日」を制定しておらず、学校教育での領土教育も不十分だ。
 よって、われわれは、アジアの平和と安全を守るため確固とした安全保障体制を強化していくとともに、政府に対して次の三点を強く要望する。
 
一、天皇陛下に謝罪を要求した李大統領に対し、その発言の撤回と謝罪を求めること。
 
二、内閣に竹島問題に対する対策本部を設置して直ちに国際司法裁判所に提訴するとともに、法律をもって「竹島の日」を制定し、わが国の立場を理解するよう国際広報活動を展開すること。
 
三、領土・領海に閣する学校教育を充実させること。関連して、わが国の領土教育を歪めている「近隣諸国条項」を飲料用図書検定基準から削除すること。
 
平成二十四年八月十八日 たらあがれ日本
 
 
香港の活動家による領海侵犯と不法上陸に抗議する(談話)
 
 八月十五日、香港の活動家が乗船する抗議船「啓豊二號」がわが国領海を侵犯し、乗組員の一部が魚釣島に上陸した。
 尖閣諸島および周辺海域というわが国の領土・領海を侵犯する行為で、到底認められない。大変に由々しき事態であり、即座に逮捕・勾留すべきである。
 同時に、先月に続く領海侵犯であり、常に領海侵犯の危険にさらされている現状に強い危機感を覚える。
 日本政府として領土・領海を守る義務を果たすべく、衆議院で成立した海上警察権強化のための海上保安庁法改正案などを参議院でも一日も早く成立させ、わが国の領海警備体制を強化すべきである。
 
平成二十四年八月十五日 たちあがれ日本  代表 平沼赳夫
 
 
六十七回目の終戦の日を迎えて(声明)
 
 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」を迎え、あらためて全ての戦没者に対し哀悼の誠を捧げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 今日、私たちが享受している平和と繁栄は、祖国の為に戦場に散り、戦禍に遭い亡くなられた三百万余の同胞の尊い犠牲と、焦土と化した国土の復興のために奮闘された先人たちのお陰であることを一時たりとも忘れてはならないと思います。
 一方、講和独立六十年を経た今も、戦没者追悼問題については未解決の課題が多く残っています。
 未だに百十万余柱の御遺骨が日本に帰還しておらず、全国各地に点在する軍人墓地の管理も十分とは言えません。戦没者追悼の中心的施設である靖国神社に対する首相の参拝も途絶えてしまっています。
 海外の遺骨収容を促進し、国の責任によって軍人墓地を管理するなど、戦没者追悼行政を抜本的に建て直していく必要があります。
また、国民の代表として内閣総理大臣は、堂々と靖国神社に参拝し、英霊に対して心からの感謝の誠を捧げるべきです。
 たちあがれ日本は、真の独立国家を築くため、全力を尽してまいることをお誓い申し上げます。
 
平成二十四年八月十五日 たちあがれ日本
 
八月十五日、たちあがれ日本所属国会議員は、平沼赳夫代表、園田博之幹事長、片山虎之助参議院幹事長、中山恭子参議院幹事長代理が靖国神社に参拝、藤井孝男参議院代表は日本会議岐阜の会長として県護国神社での戦没者追悼大会を主催され、全ての議員が護国の英霊への感謝の誠を捧げ、ご冥福をお祈りするとともに、あらゆる脅威から日本と日本人を守りぬく決意を御霊にお誓いいたしました。
 
 
韓国大統領の竹島上陸に抗議する(談話)平成24810
 
本日、韓国が不法占拠しているわが国の領土・竹島を李明博大統領が上陸した。
 不法占拠を正当化する今回の行為は、日本に対するあからさまな挑発であり、断じて認められない。日本政府は即刻、大使を召還すべきである。
 北朝鮮の核開発などを踏まえ、近年、わが国と米国、韓国との間で安全保障に関する協力体制が構築されつつあるが、今回の韓国大統領の行動は、これらの協力関係を大きく損なう行動であり、深く失望している。
 われわれは、アジアの平和と安全を守るため、確固とした安全保障体制を強化していくとともに、集団的自衛権の解釈変更及び自主憲法の制定に向け全力を尽くすことを改めて誓う。
 また、政府に対して、学校での領土教育をより一層充実させ、韓国政府の不法行為を周知させることを強く求める。
 
平成二十四年八月十日  たちあがれ日本 代表 平沼赳夫
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================
転載です、何か御座いましたら平沼赳夫事務所にお問い合わせ下さい。

 

2012年8月21日 (火)

<野田総理大臣へ>4

ー揺れる島々ー

今現在、竹島、尖閣で大きく揺れている、北方領土然り、総理はいったいどうしたというのですか。これは前自民党から引き継がれてきた負の遺産、これを打破しなければ野田総理の明日はない、ただただただの人。花道というかアッと言わせる行動をとってくれませんか、国民は願っている。民主党の3総理は総崩れ!! 恥ずかしく思う余裕さえないように見受けられる、情けない。 私が総理ならもう少しはましなことができると断言できますよ。

 

頑張れ! 頑張れ! 野田総理!!!

 

 [国家の三大要素]

 

 国家=1.領土 2.国民 3.主権

 

即ち

1.国土を守る

2.国民の生命と財産を守る

3.内外の干渉を許さず統治する権力を持つ

上記に照らしてみると日本は独立国家とはいえません。

1.「国土を守る」 という点からみれば;

竹島:日本の領土であるが現在大韓民国が実効支配中→だから日本は韓国にそして世界に向けて竹島は我が国の領土であること発信し続けなければならない。

北方領土(4島):日本の領土であるが現在ロシア連邦が実効支配中→だから日本はロシアにそして世界に向けて北方領土は我が国の領土であること発信し続けなければならない。

尖閣諸島:現在、日本が実効支配しているが、中国、台湾が領有権を主張している→我が国固有の領土であることを内外へ向けて発信しなければならない。

 

島を守るには幾つかの方法がある。

1.日本の領土であると世界に発信する。

1.一つは既成事実を作る。

  ・島に住むこと

  ・工場を作って操業する

 

簡単に言えば世界の誰もが日本の領土であると確信するようにすること。

2012年8月20日 (月)

第1回 日本は一等国

<日本は世界一!>

趣旨:世界の模範国になる

―ご挨拶―

大和民族(やまとみんぞく)は、日本語を母語とし、日本列島に居住する民族である。しばしば日本民族や和人(わじん)とも呼ばれる。同じ意味で、日本人という単語も用いられるが、国内の少数民族や海外からの移民を含めた日本国籍の所有者全体を含むこともあり、曖昧さが存在することため、特に厳密に民族を指す場合には大和民族、日本民族という言葉が用いられる。[参考文献]ウイキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E6%B0%91%E6%97%8F

2012年8月19日 (日)

第34回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


SOS 日本が危ない! 中国の活動家は「やりたい放題!」 国土を守らねば国家ではない、民主党よ、うろたえることなかれ、ただ一つ国民を守るために立ち上がること、命を懸けて国を守ること。私が衆議院議員なら一匹狼になってそれこそ命を懸けるが、野田総理殿!!

 

SOS 日本が危ない! 活動家はやりたい放題! 専門家や市民の声が爆発寸前! 民主党は恥ずかしくないのか、ただ給料を人一倍もらって傍観か、民主党は烏合の衆か! 私が議員なら投票者に顔向けできる仕事をやります。 

 

SOS 日本が危ない! 韓国に脅かされ続けでは埒があかない、情けない! 韓国大統領李明博氏の行動は心の傷跡解消のためではないか。政府は先手先手で李明博氏の発言等を覆す発信をおこたってはならない。私なら声を大にしてやります。

 

SOS 日本が危ない! 中国は24年間で国防費30倍、日本は10年連続で削減、これで国土を守れるのか。政府は何を考えているのか。私が議員なら国土あっての国家、もう少し守りにお金を使います。

 

SOS 日本が危ない! 「都構想」法案提出、これは橋下市長への配慮に間違いなし! 橋下氏にべったり衆議院議員!政令市を道府県から独立させる「特別自治市」構想は盛り込まれず。橋下氏の考えのみトオル! 私なら政令市市長等にもう少し配慮します!

2012年8月18日 (土)

第33回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


SOS 日本が危ない! 無策の政府民主党、尖閣に中国人上陸! 野田政権はなにをしているのだろうか。私が関係閣僚ならもう少しましなことをしただろうに。


SOS 日本が危ない! 自衛隊が海上保安庁、警察を支援できる法律体系の整理は不可欠、だが野田政権は予想できたにもかかわらず法整備をしていなかった! これでは有事の際に手が出せない。私が総理ならとっくに段取りを終えていただろう。


SOS 日本が危ない! 政府の薄い危機感、離島や無人島はどうなるのだろうか、即刻手を打つべきではないだろうか! 私が担当なら直ぐに手を打ちますが。

SOS 日本が危ない! 中国の脅威を侮るではない、後手後手にならない対策を今すぐ打つべしでは、明日じゃない! 私が担当なら今すぐ始めますが。


SOS 日本が危ない! 韓国の虚偽の連続発言並びに行動の数々、竹島問題、慰安婦問題、韓国の日本大使館前に慰安婦の記念像違法設置、慰安婦めぐりデモ計画、李大統領の竹島上陸。このまま放置しておいてもいいのだろうか、いや断じて放置してはならない。私が担当役人なら阻止に向けて不休不眠で命をかけて知恵を出し行動に移しますが。

SOS 日本が危ない! 韓国大統領が天皇陛下に謝罪せよと、一体全体なんとしたことか、日本は完全に嘗められている。民主党がもたもたしている間に後れを取っている。これからも韓国は理不尽に次々と同様な行動に出てくるだろう。私が政治家なら韓国と国交断絶の気概で行動に移しますが。

 

SOS 日本が危ない! 竹島、尖閣問題に野田総理は一体どうしているのか。松下幸之助氏の教えを無視するのですか、松下さんはさぞかし残念だろう。私が総理なら幸之助さんの教えを守りますが・・・。

2012年8月17日 (金)

第32回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


SOS 日本が危ない! 現在首相をはじめ多くの閣僚は靖国神社を参拝しない、それは韓国や中国に配慮してのことである。そのことが中韓に嘗められる原因の一つである、戦没者の魂を鎮めるのは当然である。英国の首相が教会へ、米国の大統領が教会へ、ロシアの大統領が教会へ行くとき、他国に配慮することはあるだろうか・・・。
 
靖国は連合国最高司令官総司令部監視下「神道指令」で官公吏が公の資格で神社に参拝することが禁じられていた、しかし吉田茂は外相や首相のとき伊勢等の神社に参拝した。そして昭和26年靖国に初参拝した、後に続く首相も例外を除き靖国を参拝した。昭和50年三木武夫首相が「私的参拝」とした後、私的参拝が平成13年まで続いた。その後小泉純一郎首相は平成13年から5年間参拝を続けた。しかし残念ながらその後の首相の参拝がない。非常に残念である。


私が首相なら魂を鎮めるため何が何でも必ず終戦記念日等に参拝しますが・・・。

皆さんならどうされますか、恐らく参拝されると思います。

2012年8月16日 (木)

<野田総理大臣へ>3

<国家の定義>

一定の領土とその住民を治める排他的な権力組織と統治権とをもつ政治社会。近代以降では通常、領土・人民・主権がその概念の三大要素とされる。(1)

領域:一定に区画されている。

人民:恒久的に属し、一時の好悪で脱したり復したりはしない。
権力:正統な物理的実力のことである。この実力は、対外的・対内的に排他的に行使できなければならない、つまり、主権的でなければならない。国家とは、権力が領域と人民を内外の干渉を許さず統治する存在であると捉えられているのである。(2)
分かりやすくいえば、国家とは;

1.国土を守る

2.国民の生命と財産を守る

3.内外の干渉を許さず統治する権力を持つ

 

総理に申し上げます。国家の定義から言えば、以上から我国は半国家である。「国土を守る」点からいえば守れていない、米国に守ってもらっている。これでは米国と対等の話は出来ないのでは、国は自分自身で守るという心構えと道具が必要である、即ちそれ相応の軍備が不可欠である。2.3.も然り。

(1)広辞苑 (2)ウイキ ペディア

2012年8月15日 (水)

<野田総理大臣へ>2

野田総理大臣は一体改革で何を目差しているのか、私たちには何も見えてこない。一体全体この日本をどうしたいのですか。幹の部分を総理が決めなければ枝葉の部分である我々は一体何が出来るのですか。

武器や軍隊といったことを抜きにして国家を運営できないことは総理なら百も承知でしょう。軍隊がなければ誰が我国を守ってくれますか。ロシア、シナ、朝鮮から嘗められているのが恥ずかしくないのですか。私たち多くの日本人は我慢の限界です。現時点でシナと対峙するには、米国、豪州、印度、並びに周辺国と価値観を共有することではないでしょうか。

総理は「これまでの内閣の路線継承し、首相、閣僚は参拝しないようにしたい」と表明されましたね。本音はシナや南朝鮮を考えての発言でしょう。現在の我国があるのは靖国に眠っている方々のお陰です。「国会議員の会」55人、松原公安委長、羽田国交相、谷垣貞一氏は参拝された。

総理殿、長く総理を勤めるのではなく、命を掛けて国を守る覚悟です。私が総理なら国の方針を決め、国を守り、命を落とされた方々に敬意を表しますが・・・。

第31回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

 

SOS 日本が危ない! オリンピック放映が全てでない。政治、経済、海外の出来事を後回し、日本は見せかけの平和!

日本放送協会は連日2週間、オリンピックオリンピックオリンピック、まだ今も続いている。オリンピックは娯楽、もっと大事なことがあるのでは・・・。 
新聞も似たり寄ったり皆同じ、これでもか、これでもかのオリンピックの記事記事記事記事記事記事記事記事、写真写真写真写真写真写真! 私が政治家なら報道機関に物申しますが、現役の国会議員に骨のある人が見当たらない、そのように思えてならない、このままでは日本は危ない、私だけの考えだろうか。

 

SOS 日本が危ない! 消費増税法成立、年収500万円の家庭 年30万円負担増! 国会議員は高給取り 関係なし。これが政治家だろうか? 国民のために仕事をしているのだろうか? 私が政治家なら国民に申し訳なく顔を向けられないが・・・。

SOS
 日本が危ない! 消費税 現在5% 2014年8% 201510%、しかし再増税は避けられない! 現政治家は
増税に頼ることしか出来ない、これでは政治家のいや政治屋のために国民は汗水垂らして働かなければならないのか・・・。 私が政治家ならこんな馬鹿げたことはできない、消費税を減らす方法があります!

2012年8月14日 (火)

<野田総理大臣へ>

 野田総理は明日15日終戦記念日に靖国神社を訪問されれば多くの国民から見直されるだろう!

私が総理なら靖国神社の英霊に感謝と鎮魂のためにお参りします。

野田総理は尖閣諸島に上陸されたらいかがでしょうか、首相が上陸すれば我国の領土あることを世界に再確認してもらえる絶好の機会です。何も隣国に気兼ねすることはありません、私たちの島ですよ。
私が総理なら上陸しますが!

消費増税が決定しました、総理殿!増税して何になるのでしょうか。選挙公約で増税しないと約束しながら国民を欺きましたね、一口で言いえば嘘つきですよ。間違っても一国の総理が嘘をついてはなりません。総選挙は間違いなく大敗北でしょう。私が総理なら天変地異があろうと国民に嘘をつけませんが。

総理殿、ご存知のように毎月2兆円近く円を売り弗を買い米国に送金している(米国債を買う)。これを止めるだけで消費増税は必要ないのではないでしょうか。元財務大臣中川昭一氏を見習われたらいかがでしょう。私が総理なら日本も大変だから何とかしてくれませんかと米大統領に話をしますが・・・。

2012年8月13日 (月)

~天使の声~ ガン患者さんへ そしてご家族の方へ

昨日は向かい!
今日は隣!
明日は我が身か!!  明日は我が身か!! 
脅える末期癌患者!! 

そこに現れた 一人の天使! 
患者さん、ご家族に天の声 ―> 奇跡の声 ―> 
夢と希望を与える声  ―> 天使のお話し!

皆さん、夢と希望を持ちましょう!
夢がかなうことを願ってやみません;

http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=makkigan_seikansya

2012年8月11日 (土)

―小澤征爾指揮者の一日も早い快復を願う―  その17

 小沢先生、いかがお過ごしでしょうか、私たちは一日も早い先生の快復を願っています、一日も早い先生の舞台を未だかまだかと待っております。

<魔法の呼吸>Ⅲ

■魔法の呼吸

〇責める型

花子:「ああ、不安だった」(と吐きます。変化は、自分で考える)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

花子:「もう、辛すぎる」(と吐きます)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

 

〇責めない型

花子:「自分を責めない」(と吐きます)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

花子:「自分を責めたくない」(と吐きます)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

花子:「もう、自分を責めるのを一切やめた」(と吐きます)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

※自分を許した分、人を許すことができる。

 

 

■「魔法の呼吸」の仕方

1.「ああ、なんでこんなことに・・・」(と吐きます)

 ※「魔法の呼吸」は、「吐く」から開始。

  心に湧いた、「苦しみ」「悲しみ」を、隠さず、吐く息とともに、心の中から吐き出すのです。(声をださず)

 

2.「それでいいんだよ」(と吸います)

 ※吸う時は、いつでも、心の中で「それでいいんだよ」の一言だけを、思いながら吸います。

 

 この場合の「呼吸」は、腹式呼吸でなくても、また、深呼吸でなくてもかまいません。

 ごく普通の呼吸でいいのだからね。

 必ず、心が落ち着いてくるから、それまでは「魔法の呼吸」を続けてね。電車の中で歩

きながらでも。

 

太郎:「もう、どうしょうもない」・・・「それでいいんだよ」

太郎:「取り返しがつかない」・・・「それでいいんだよ」

太郎:「悲しいよ」・・・「それでいいんだよ」

太郎:「苦しいよ」・・・「それでいいんだよ」

太郎:「何もかもが、むらしい」・・・「それでいいんだよ」

 

そうやって、①「吐き出すこと」を「肯定」し、②「それでいいんだよ」と、すべてを「肯定」する。

それが「魔法の呼吸」。

 

此処からは作成者の文章です。

この方法は心理学的な方法の一つで、住吉先生は普通の発想では出てこない発明だと感激しました! お金もかからず、薬のような副作用もなし、いつでもどこでも行える方法です。私も機会があれば是非先生にお会いしたいものです。この素晴らしい書籍が一人でも多くの方々の目に留まることを願っています。予断ですが、私は先生から手数料を一銭も貰っていませんよ(笑い)

 

一部抜粋変更加筆

[参考文献]『魔法の呼吸』2006 住吉克明 新日本文芸協会

 

終わり

2012年8月10日 (金)

―小澤征爾指揮者の一日も早い快復を願う―  その16

 小沢先生、いかがお過ごしでしょうか、私たちは一日も早い先生の快復を願っています、一日も早い先生の舞台を未だかまだかと待っております。

<魔法の呼吸>Ⅱ

■大事なこと
・日々刻刻、自分を許し自分を肯定する「癖付け」をする。
・自虐をやめれば、光が入る。

・自分をゆるすこと、すなわち自分を責めないこと。

・鬱(うつ)病は自虐をやめれば楽になる。

・完全主義は「守り過ぎ」は「自虐」即ち自虐癖である。

・必死で生きる場合は「執念」「我欲」「守り」である。

・執念・我欲では命拾いは出来ない。
・執念・我欲を手放すことで命を拾った人多数ある。

・言い訳は自分を許していない証拠である。

・許しは許し。

・収容所は自分の内にある。自分で収容所を作っている。なぜ作るか、それは不安(自分の駄目の思い)があるからです。

・普通の呼吸では呼吸をしている実感がない、実感をつくるにはコツがある。「新鮮な空気」を吸う、即ち、ちょっと冷えた空気、冷気、早朝の空気、冷蔵庫の中の空気、

・「魔法の呼吸」という、「自然の行為」によって、病気まで治ってしまうという魔法。


■参考
「それでいいんだよ」は、たのしい、オッケイ等に変えても構いません。

Care=看護する、医療、看護

Theory=理論、学説

Self care=自分自身への看護

 

■「すべての問題は、自分にかかっている」すなわち「他人が問題じゃなかった。問題は自分を許すことができるか」自分を許せないから完全主義になる。

花子:「苦しいよ」(と吐きます)・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

花子:「痛いよう」(と吐きます)・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

手放すことが、命を救った。

 

■自分を許せば、腹はたたぬ

花子:「自分を責めたくない」(と吐きます)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

花子:「もう自分を責めない」(と吐きます)・・・・「それでいいんだよ」(と吸います)

「肯定」と「許し」は同じもの。

他人の意地悪が気にならない!

「自分を許す」=「自分を責めない」

 

■崖っぷち

人はみな、「自覚できない自虐」によって、「ここまで、生きて来れた」つまり、人は「自虐」のおかげで、生きてくることができたのです。なぜなら、「不安」を回避しようともがくことからこそ、生きる知恵がわいたのだから。つまり、「自虐」をなくしたら、生きられないということ。生きる「張り合い」がなくなってします・・・それもまた事実なのです。

 

■生きて入ればこそ

「鬱病」は決して自分を「鬱病」と認めない。

「すべての困難の元は、自虐にある」が答えなのに、鬱病は「すべての困難は、他の人が原因」「すべての困難は、何かの原因によって自虐が始まる」

「あの日とは、どうしてあんな態度をとるのだろう?」(気にする)

「あの人を傷つけたのがいけなかったのだ」(気にする)

自分を責めるから鬱病になる、へらへら笑ってたら、鬱病になりようがない。

 

続く

 

一部抜粋変更加筆

[参考文献]『魔法の呼吸』2006 住吉克明 新日本文芸協会

2012年8月 9日 (木)

―小澤征爾指揮者の一日も早い快復を願う―  その15

<魔法の呼吸>Ⅰ

魔法の呼吸とは、心を癒し病をも治す呼吸方法です。

 

私(住吉)が癌になったのは、全ての原因は、自分が抱えて「苦痛」(ストレス)にあった。一番顕著なのは「自分は駄目だ」という自虐の苦痛。そんな「自虐」、誰も自分では自覚していない、「自分には、そんな自虐はないだろ」と。それがこの本の大事な点である。

誰も皆、いざ、大変な場所に立たされると、「いやあ、自分も、人生の出発点から、自虐があったんだ」と、気づかされるのです。(でもその時点で気づいても、手遅れの人もいるよ)

結局、癌だって、自分が作っていたということ。
 

■本当にあった最近の奇跡
<自殺願望の青年を救った>

自分(住吉)がどん底の時、妻から言われて一番嬉しかった。

妻:「自分を責めなくてもいいんだよ」

妻:「それでいいんだよ」

 

という句を青年に繰り返し教えた。

そうして「魔法の呼吸」を、いっしょにやってやった。

 

住吉:「これまで、つらかったよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「世の中が、怖かったよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「いっぱい、いっぱい、さみしかったよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「報われない人生だよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「何をやっても、うまくいかないよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「誰も認めてくらないものね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「あんなにがんばったのにね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「コノヤロウって、叫びたいよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「でも、生きたいよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「楽になりたいよね」」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「楽しいこと、欲しいよね」・・・「それでいいんだよ」

住吉:「また、すぐに不安になるんだよね」・・・「それでいいんだよ」

 

そのときだ!

青年の顔に、うっすらと赤みがさして、こう言った。

青年:「住吉さん、ぼくは、がんばらなくても、生きられるんですか?」

住吉:「ああ、もちろんさ!」

加えて、住吉さんはこう言った。

住吉:「君はこれまでだって、何度も、死神に背中を押されながらも、ちゃんと、こうして生きているじゃないか!・・・君はすでに、守られているってこと!」

 この時点で、彼には、納得できたんだね。

 自分で自分を、せいいっぱい苦しめて来たということが。

それを、生まれてからずっと、30年近くも、続けて来たということが。

青年:「じゃあ、ぼくは、生きていいんですよね」

住吉:「アハハハ、私が神様なら、「それでいいんだよ」と答えるけれど、あいにく、宗教ではないのでね。でへへ

 

続く

 

一部抜粋変更加筆

[参考文献]『魔法の呼吸』2006 住吉克明 新日本文芸協会

2012年8月 8日 (水)

2.「人生と階段は同じである」

 体が前に倒れないように、高い段の足に体重を移し続けると、何十段の石段も自然に登ってしまい、気がつけば頂上にいる。それを途中で頂上を見てしまうと頭が上がり、体重は後ろ足、即ち低い足にかかり、低い足の筋肉だけで体重を持ち上げていかなければならないので、足の筋肉はくたくたに疲れてしまう。階段の上を見て上る人は頭があがっている。一歩上だけの足の来るところだけを見ている人は頭がとても低くなっている。

 人生も同じで、頂上ばかり見ている人は頭が高く、足元だけを見て、一歩一歩堅実に歩む人は頭が低く、自然に高い所に上っていく。

 この世の中の全てが、頂上は記憶の奥にしまい込み、自分(政木)のすることは、自分の足許の一歩一歩を堅実に、一懸命に実行することである。私の得た教えは次の通りである。

―――修業とは、自分が外の人々に幸せを与えることである


ここから作成者の文章です;

皆さんはどう思われますか。私の人生から言えますことは、人生や仕事等において、政木先生が仰る様に一歩一歩堅実に進むということでしょうか。
但し、先を読むということは別問題でとても重要です。

一部抜粋書換え加筆

[参考文献]『人類を救うヒット商品開発法』1995 政木和三 東洋経済

 

― 完 -

2012年8月 7日 (火)

1.「人生と階段は同じである」

 人は会談や石段を上るとき、どのような気持でいるのであろうか。何百段もの石段を上るとき、どのような気持があるのであろうか――。何も意識しないで上る人、上る前から「さあ、大変だ」と思う人など、人生と同じでいろいろである。

 昔の人は汽車も自動車もなかったころは、どこへ行くのもただ歩くだけであった。そのころの教えは、「道の上にある黒い石を踏むな」ということであった。その意味は「一懸命にする」ものではなく、「一懸命に」せよとの教えなのである。

 石段を上るとき、前足に体重を全部乗せると、何百段では楽々と上ることができるが、一般の人は後ろ足に体重をかけて上ると腰や足が非常に疲れる。人間には、前足とか後ろ足とかの区別はない。階段を上る時、一段高い所にある足が前足である。高いほうの足に全体重を移すと、一段低い方の足は無重力となる。早く低い足を前に移動しないと、体は前に倒れてします。そこで、体が倒れないように低いほうの足を上段にあげると、自然に頭は低くなり、目は一段上だけを見ている。


続く

一部抜粋書換え加筆

[参考文献]『人類を救うヒット商品開発法』1995 政木和三 東洋経済

2012年8月 6日 (月)

「アフリカの原住民族は子孫のことを考えて物をつくる」

 化学というものを知らないアフリカの原住民族の人達は、森林を切るとき、畑をつくるとき、道をつくるときなど、なにか新しいことをするときには、皆が集まって相談する。これは、この作業によって何十年後、何百年後の子孫に、どのような影響が残るかと語り合う習慣になっている。

 ところが、現在の科学者、開発者達はどうであろう。思いつくだけですぐに実行しようとしたがる。それも自分たちの利益のことしか考えない。

 いや、周辺の人達に害を与えることが分かっていても、自分たちの利益のために作り出していくのだ。特に「武器」という戦争や争いごとの道具でしかありあえないものを、平然と人類の名において作り続けている。それが「商売」となっているのだから、なにをかいわんやである。

 弱肉強食の動物の社会においてさえ、必要以外の殺生はしない。つまり、自分の食べる量をわきまえ、生きていくのに必要な方法と手段で、動物界における食物連鎖の規則(ルール)のもとにある。ところが、人間はその規則すら犯し、ただ、自分さえよければよいとの道をはしっていく。

 このように考えていくと、言葉は悪いが、文明という科学的に“未開”のアフリカの原住民の人達の方が、化学万能主義の人達よりも後世の子孫のために考えて“開発”をしているといえよう。

 現在、こうした悪しき“開発”によるツケがどっと人間を襲っている。これは誰が良い悪い以前の問題として、早急に取り組まなければならないことは、火を見るよりも明らかである。

 いまこそ「アフリカの原住民族」の知恵に学び、いわば、以前はそうであったろう「人間本来の生活環境」を取りもどすべく、世界のリーダーが集まり、打開策を恋路なければ、人類は確実に滅亡の道を歩むであろう。

一部抜粋書換え加筆

[参考文献]『人類を救うヒット商品開発法』1995 政木和三 東洋経済

2012年8月 5日 (日)

3.<なぜ海藻か>

 

海水には多くの微量元素が溶け込んでいます。さらに陸上の微量元素も雨によって溶け出し川から海に流される。それで海で取れる海藻には、私たちの生活に不足がちな微量元素や食物繊維、ビタミン類が豊富に含まれています。また海藻はアルカリ性の食品です。

2012年8月 3日 (金)

2.<なぜ天然塩か>

■現代人が不健康な原因は「塩」にあった

 昭和30年代に日本は食塩をNACLに決めた。世界的な趨勢によるものであるが、同

時に日本の海が公害のために汚染されて、有害物質が含まれるようになったもので、食塩として塩化ナトリウムだけが食用になったものである。

 塩化ナトリウムを多く取とると血圧が高くなるが、それに数パーセントのマグネシウムがあると高くも低くもならない。それは自然塩の成分に近いからである。けれども自然塩にはそれ以外のミネラルが数十も含まれており、動物の健康を保つためには必要なものなのだ。

 動物は全て海水中から発生し、海中で育った——–これが生物の起源であるから、動物の血液中の成分は海水の成分とほとんど同じである。昔の塩は海水を塩田で乾かし、それを煮つめて作った。つまり完全な“自然塩”だったわけである。

 けれども科学の力で食塩を人工で作ることを発明し、NACLに決めてしまった。ただ、この決める時代、もう少し程度の高い科学者がいたならば、公害で海水を汚染した物質を取り除いただけにして、昔からあった海水と同じ“自然塩”の成分にしたことであろう。

 海水は生物を発生させ、何億年もの間、生物をはぐくんできた。けれどもおろかな人類によって、限りなく汚染されていった。それは先を考えることをしない低級な科学者によって、自分たちの利益だけの追求のために、“自然の海”“生物達の海”を失い、まさに生物は滅びんとしているのだ。

  

一部抜粋変更加筆

[参考文献]『人類を救うヒット商品開発法』 政木 和三 工学博士1995 東洋経済新聞社

 

 ■ウィキペディア

 生物学において微量元素 (trace element) とは、生命活動に不可欠な元素のうち生物の体内に保持されている量が比較的少ない元素のこと。一般に、生体含有量が鉄以下の元素を指す。さらに、微量ながら生命活動に欠かせない元素を「必須微量元素」と呼び、ヒトにおいては鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、モリブデン、セレン、クロムおよびコバルトが知られている。

 

一部抜粋変更加筆

[参考資料] フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  

まとめ(作成者の文章です)   

 微量元素(ミネラル)は人体の酵素を活性化させ、すなわち防御機能を正常に戻し、細胞の働きを正常にし、人がもつ免疫力や自然治癒力を高める。その微量元素は天然塩に豊富に含まれている。

 

質問⇒なぜ精製塩よりも天然塩が体にいいのか? 回答⇒それは微量元素が含まれている。

 

詳しくは:
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku_nazetennenenka 

2012年8月 2日 (木)

1.<なぜ黒砂糖か>

砂糖についての比較

 黒砂糖は、砂糖黍(サトウキビ)の絞り汁を煮詰めて作る黒褐色の砂糖で糖分の分離精製をしていないもの。一方、上白糖は分離精製し余分なものを含んでいないため、栄養素に変化があるわけですね。また三温糖については上白糖より甘みが強く感じられます。

風味を生かすため煮物などに使われることが多い砂糖ですが、製法は上白糖とおなじで製造工程に違いがあるのです。


一部抜粋変更加筆

 [参考資料]メタボリックを考える 転載 2012.02.15

 

野島尚武医師

 我々の大部分が死ぬ病気である、ガン、心疾患、糖尿病等を含む生活習慣病は、ミネラル欠病症なのです。子供達あるいは大人も悩んでいるアトピー、花粉症はミネラル欠病症なのです。ミネラル投与で症状の劇的改善あるいは治癒し完全予防可能であることからミネラル欠病症と考えてよいのです。-------省略-----

 現代病の原因は、促成栽培に頼らざるをえない現代社会の食材を食べることにあったのです-----------省略------------

 野島式超ミネラル水で上記の生活習慣病が既に簡単に解決しているので、超ミネラルを飲んで一時的に解決することが可能なのです。

 糖尿病にもアトピー性皮膚炎にも、脳梗塞の後遺症にも、その他さまざまな病気に

も確かな効き目を発揮します。治らないと言われた症状が回復したり、末期の癌から生還したりというように、わたしは実際に治療にあたってきた経験から「ミネラルは病気を治す」と断言することができます。

 

一部抜粋変更加筆

[参考資料]

『超ミネラルがあなたの健康を守る!』 2006年 野島尚武 特定非営利活動法人”現代病を考える会

 

  ウィキペディア

 生物学において微量元素 (trace element) とは、生命活動に不可欠な元素のうち生物の体内に保持されている量が比較的少ない元素のこと。一般に、生体含有量が鉄以下の元素を指す。さらに、微量ながら生命活動に欠かせない元素を「必須微量元素」と呼び、ヒトにおいては鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、モリブデン、セレン、クロムおよびコバルトが知られている。

 

 一部抜粋変更加筆

 [参考資料] 『ウィキペディア』

 

  まとめ(作成者の文章)

 微量元素(ミネラル)は人体の酵素を活性化させ、防御機能を正常に戻し、細胞の働きを正常にし、人がもつ免疫力や自然治癒力を高める。すなわち病気にかかりにくい身体にするのです、その微量元素は黒砂糖に豊富に含まれています。

酵素:生物体内に起こる化学反応の触媒となる蛋白質
詳しくは:
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku_nazekurozatogaiinoka

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »