« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

マクガバン報告書

<米国上院議員栄養問題特別委員会報告書(マクガバン委員長)>

2年間にわたって熱心な審議調査を続けた理由は明白だった。米国上院栄養問題特別委員会のマクガバン委員長自身の言葉で言えば次の様な理由からだった。


「ガン、心臓病をはじめ多くの病気が増えている。そして進歩したとされる米国の医学を活用し、しかも巨額の医療費が注ぎ込まれているのに、米国民は病気ばかり増えてますます不健康になるばかりだ。この原因を解明し根本的な対策を立てないことにはアメリカは滅んでしまう」。


「我々は何か重大なことを見落としているのではないか。また現代の医学が進歩していると考えていること自体も間違っているのではないか」。


そしてその中のもっとも重要な結論は次の二つであった。

(1) 癌、心臓病、脳卒中など米国六大死因となっている病気は、現代の間違った食生活が原因になって起こる“食源病”である。この間違った食生活を改めることでこれらの病気を予防そる以外に先進国民が健康になる方法はない。

(2) 現代の医学は薬や手術といったことだけに頼りすぎた、栄養に盲目な片目の医学であった。栄養に盲目であない医学つくりに変える必要がある。

 

一部抜粋変更加筆

『いまの食生活では早死にする』2009 今村光一 株式会社経済界

2012年11月29日 (木)

―子どもの頃から「がん教育」を読んでー

その2<塩に関しての私の意見です。>

新聞を読む限り塩が悪いような印象を受けます。しかし塩が悪いのではない、塩は途轍もなく重要です。人は水があれば1週間、塩があれば1ヶ月生きるといわれています、それぐらい塩は重要なのです。精製塩でミネラルが含まれていない塩を使用することに問題があるのです。

こんな教育をしていいのだろうか、塩はまるで悪者扱いです。感受性の強い子ども達にこのような間違ったことを教えていいのでしょうか。

 

以下をお読み下さい;

■精選塩は、一種の工業生産物であるため、安定した生産量と品質を得ることができます。

それに比べ天然塩は、場所と時間を必要とし、品質や生産量は自然条件に大きく左右されます。

ただし栄養素的には、精選塩に比べ、ミネラルが豊富に含まれています。

よって、塩分以外の栄養素が多く含まれているという点で、天然塩のほうがバランスの良い食品といえるのです。

[参考資料]塩とミネラルのヘェ~ 

 

■我々の大部分が死ぬ病気である、ガン、心疾患、糖尿病等を含む生活習慣病は、ミネラル欠病症なのです。子供達あるいは大人も悩んでいるアトピー、花粉症はミネラル欠病症なのです。ミネラル投与で症状の劇的改善あるいは治癒し完全予防可能であることからミネラル欠病症と考えてよいのです。-------省略-----

 現代病の原因は、促成栽培に頼らざるをえない現代社会の食材を食べることにあったのです-----------省略------------

 野島式超ミネラル水で上記の生活習慣病が既に簡単に解決しているので、超ミネラルを飲んで一時的に解決することが可能なのです。

 糖尿病にもアトピー性皮膚炎にも、脳梗塞の後遺症にも、その他さまざまな病気にも確かな効き目を発揮します。治らないと言われた症状が回復したり、末期の癌から生還したりというように、わたしは実際に治療にあたってきた経験から「ミネラルは病気を治す」と断言することができます。 

 

 一部抜粋変更加筆

[参考資料]

『超ミネラルがあなたの健康を守る!』 2006年 

野島尚武 特定非営利活動法人”現代病を考える会”

 

■生物学において微量元素 (trace element) とは、生命活動に不可欠な元素のうち生物の体内に保持されている量が比較的少ない元素のこと。一般に、生体含有量が鉄以下の元素を指す。さらに、微量ながら生命活動に欠かせない元素を「必須微量元素」と呼び、ヒトにおいては鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、モリブデン、セレン、クロムおよびコバルトが知られている。

 

一部抜粋変更加筆

[参考資料] フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2012年11月28日 (水)

―子どもの頃から「がん教育」を読んでー

がんは食事や運動、喫煙や飲酒などの生活習慣と深く関わりあがることを紹介。

予防するには「バランスよく食べる」「適度に運動する」等。

がんが生活習慣やワクチン接種で予防でき、検診を受ければ早期発見できることなども紹介。

一つのカップラーメンに5.1グラムの塩分があることを知った児童からは「こんなに?」と驚きの反応があったという。
[
参考資料]産経新聞 20121114日(水)

 

<塩に関しての私の意見です。>

塩が悪いのではない、精製塩でミネラルが含まれていない塩を使用することに問題があるのです。こんな教育をしていいのだろうか。もう少し子ども達の将来を考えるべきではないだろうか。

 

■人類は海で生まれた生物が、陸上に上がり進化した生物である。そのため体液は海水と同じ、役3~5%の塩分濃度を必要とする。『健康革命』井上富夫

■塩化ナトリウムを多く取とると血圧が高くなるが、それに数パーセントのマグネシウムがあると高くも低くもならない。それは自然塩の成分に近いからである。けれども自然塩にはそれ以外のミネラルが数十も含まれており、動物の健康を保つためには必要なものなのだ。
動物は全て海水中から発生し、海中で育った——–これが生物の起源であるから、動物の血液中の成分は海水の成分とほとんど同じである。昔の塩は海水を塩田で乾かし、それを煮つめて作った。つまり完全な自然塩だったわけである。


海水は生物を発生させ、何億年もの間、生物をはぐくんでき た。けれどもおろかな人類によって、限りなく汚染されていった。それは先を考えることをしない低級な科学者によって、自分たちの利益だけの追求のために、自然の海”“生物達の海を失い、まさに生物は滅びんとしているのだ
[
参考文献] 『人類を救うヒット商品開発法』 政木 和三 工学博士

2012年11月27日 (火)

第54回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


SOS
 日本が危ない! 日本の土地が彼方此方で中国人に買いあさられている。これを止めなければ大変なことになる。方法は法律を変える、定期借地権にする、外資の土地を所有させても悪用されない法律の整備。何れにせよ即刻外国人に土地が変えない手を打たなければ取り返しがつかない。

 

SOS 日本が危ない! 円高、電力不足、中国経済の失速、TPP、原発等。解決方法の人欝は:

円高->円札を刷る(?)・円高を活かす。

電力不足―>石炭や石油に力を入れる。

中国経済の失速―>中国からの脱却、そして他国に舵を取る。

TPP―>自信があればやればいいしかし後ろ盾(軍事力)がなければ無理だろう。

原発―>無いにこしたことはない、しかし直ぐには無理、海外との連携も必要。

2012年11月26日 (月)

Senkaku Isalnds

<Japan’s position and its basis of Senkaku Islands.>

The Senkaku Islands were incorporated into Japan in the international law justly on January 1895.

In 1968, According to the newspaper, the oil could be buried around Senkaku islands. After that China insisted its possession of those islands. Everyone thinks that China wants the oil definitely, that is why China has declared sovereignty over the islands. China has never said anything about the islands before..

2012年11月25日 (日)

英語が上手になっても誰も偉いとは思わない、英語は只の道具!!

―中3で英検準1級に―

その2

英語が上手になっても誰も偉いとは思わない、英語は只の道具!!

 

 

日本で英語が堪能であるがゆえに、それなりの人物になった人はいるだろうか。

英米豪加新以外の国で英語の話者が多い国はあるだろうか、あるとすれば英語を話せないと生活に支障がでる旧英米植民地諸国である。植民地の国民に英語の堪能者が多いのは話せなければ全うな仕事に就けないからである。

 

言葉の拡散は概ね強国の言葉を未開国や弱小国が習う仕組みになっている。歴史を見れば歴然としている。ポルトガルによるブラジルのポルトガル語、スペインによる中南米のスペイン語、フランスによる西アフリカ・北アフリカのフランス語、英国による大英帝国の植民地の英語。我国による台湾・朝鮮の日本語。

 

英語英語ということなかれ、英語を習えば倣うほど日本は言葉の植民地になってしまう。それよりもこの素晴らしい日本語を世界中に広げようではありませんか。

 

海外を見習へ、イスラエルを見よ、フランスを見よ、ロシアを見よ、中国を見よ、韓国を見よ!

2012年11月24日 (土)

<日本再生に最も適切な議員>

私は誠の政治家、衆議院議員 ”平沼赳夫”氏と同じ政治思想です。
日本を再生させられるのは平沼代議士が最も適任者であると確信しています。
下記を読んでいただければ幸いです、よろしくお願いします。
松村 弘
--------------------------------------------
平沼赳夫本人より激動している現在の政治状況と、
一連の経緯に付きましてご報告をさせて頂きます。
平沼は信念を曲げることは断じてありません。
どうか平沼赳夫の真情をお聞き届けいただければ幸甚に存じます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

平沼赳夫後援会幹事長 土居 通明

・・・・・・・・・・・・・・
11月27日(火)午後6時より
会場:赤磐市立中央公民館
赤磐市下市337 (赤磐市役所 横)

11月27日(火)午後7時30分より
会場:備前市民センター 
備前市西片上17-2
・・・・・・・・・・・・・・
11月28日(水)午後7時より
会場:津山鶴山ホテル 
津山市東新町114-4
・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせ 
0868-24-0107 津山

様々な報道がありますが今回の選挙は
選挙後に憲法改正を現実のものとする政治状況を創り出す
最大にして最後の機会だと存じます。
平沼赳夫は断じてぶれることがない政治家です。
「大道」に殉ずる覚悟あるのみです。

以下は頭山満翁の孫にあたられる頭山興助氏より寄せられたご激励です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
所属がどこの党でも日本人ならかまわない。
衆議院議員三分の二に日本の現状を解らせ、憲法を改正し、
日本の未来を日本人の意思で決めてゆこうと慎太郎さんが平沼さんと話し合った。
大願成就の為とはいえ平沼赳夫さんの今の我慢を思うと涙が出て止まらない。
もしこれが出来なかったら我が国は、尖閣どころではなくなる。
石原さん、平沼さんともに城山の露と散る覚悟だろう。
(占領下、銃剣と共に突きっけられた誓約書が日本国憲法なのだ。)
平成二十四年十一月吉日
頭山興助
・・・・・・・・・・・・・・・・・
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
e-mailアドレス
info@hiranuma.org
旧・太陽の党URL 
http://www.taiyounotou.jp/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2012年11月23日 (金)

英語が上手になっても国際人とは限らない!

―中3で英検準1級に―

大阪市立中学校で「教育振興基本計画」で橋下市長の意見が反映するように、
小学6年で英検3級
中学3年で英検準1級
を目差す。

橋下氏や関係者は英語が上手くなれば大阪が、そして日本がよくなると考えているのだろうか。貴方の回りに英語が上手になって偉くなったり有名になったりした人はいますか、いませんね、聞いたこともありませんよね。海外でも英語が上手になって偉くなったりした人はいますか、いませんよね。英語が喋れても偉くなるわけでも国際人になるものではない、勘違いです。一口で言えば劣等感の裏返しである、橋下氏は恐らく英語が苦手だったのだろう! 英語を上手くなる前提としては日本語が上手にならなければ、決して上達するものではない。日本語を超える英語の話者にはなりえないのである。

いいことを教えましょう、
英語が上手になりたい人は「必要に迫られること」である。そうすれば必ず上手になる!

2012年11月22日 (木)

―党首、首相にならなければならない人物とは―

国家観を国民に訴えること、そして実現に向けて;

 

1.政党(党首)が国家観に沿うように突き進む

2.政党は選挙公約(政権公約)を守る
マニフェスト(=manifesto=宣言書)とは「宣言書」、民主党は3年前の選挙で消費増税はしなと宣言した、嘘をついていなし、ただ宣言しただけのこと! 私たち善良な国民はカタカナに騙されたのである 政権公約とマニフェストは似て非なるもの。皆さん騙されないようにしましょう!

そもそも大切な選挙公約は憲法の様なもの、その大切な言葉を外国語に頼りカタカナに置き換えるとはもってのほか。それが現在の屑政党ではないか。ここにもカタカナ弊害が出ている。

3.党首は次々出てくることを瞬時に正しい判断が下せなければならない。難しいようだが何も難しくない。国家観があればそれを元に判断するまでのこと。今まで正しい判断ができなかった政党(党首)には国家観がなかったまでのことである。いかがでしょうか。

 

結論は、結局党首になる最も大事な要素の一つは「国益になる正しい判断を瞬時に下せる人物」ということになる。

2012年11月21日 (水)

―橋下市長が国民に賛同してもらえる「道」―

あるべき党首の順序:石原党首 →> 平沼党首 -> 橋下党首

たちあがれ日本 -> 太陽の党 -> 日本維新の会、これは吸収合併で、悪く言えば橋下市長の思う壺です。市長は、今回のみ石原氏を党首に祭り上げ、次回の選挙に立候補、そして党首になる段取りです。

しかし現時点で橋本氏の国家観が見えてこない、これは極めて危ない! 当選後橋下氏が党首になった場合日本がどちらを向いて進むのか危険極まりない。日本維新の会で石原氏の後を継げるのは平沼氏以外には見当たらない。両先輩を見習ってから党首になるのが道ではあるまいか、決してそれでも遅くはない。私が市長なら先輩をたてますがね、このことが社会の暗黙の了解です・・・。

もし私が市長にお会いできるものなら直接お話をしたいものです、しかし残念ながら会う手段がありません。しかし万が一会えるとしても現市長の器では避けるでしょう(笑い)

2012年11月20日 (火)

北方領土奪還は今だ!

      <領土問題>
ー北方領土奪還は今だ!ー
交渉するには時期がある。その時期はまさに今ではないか、それは、
1)    ロシアは樺太(サハリン)の瓦斯(ガス)田開発に意欲的
2)    米国などのシェール瓦斯が遠からず普及する
3)    そうなれば樺太の魅力は薄れる
4)    樺太の瓦斯量産には、液化天然瓦斯工場施設(プラント)増設が必要⇒日本が応援
5)    工場施設増設には多額の費用が掛かる⇒日本等が出資
6)    外資なしでロシアのみでは厳しい⇒日本は頼もしい援軍
7)    売却先が必要⇒日本が得意先の一つ
8)    ロシアは北極海航路推進している⇒東端にある日本の協力が不可欠
9)    軍事大国、海洋進出の中国に対して、抑止力の一環として日露の協力は大きい

政府よ、動くのは今だ! 取り戻そう北方4島!! 私たちの島を! 
しま(島)ったということがないように!!

2012年11月17日 (土)

Northen islands off Hokkaido belong to Japan since 1875

By The San Francisco peace treaty, Japan renounced all the right, authority and a right of demand of a part of Karafuto, and Chishima islands. Of course Kunashiri Etorofu Shikotan and Habamai islands are not included in Chishima islands. Soviet did not sign in San Francisco Peace Treaty, therefore Soviet can not insist its right.

2012年11月16日 (金)

太陽の党が日本の政治を変えるには何が必要か

新党、太陽の党に、日本維新の会、みんなの党等が大同団結し日本を再生させるのである、だから石原党首の意見に従わなければならない。俺は俺はといっているようでは難しい。特に橋下氏は国政に出たこともない、はじめに先輩の話を聞くことから始めるべきではないか。大変失礼ながら橋下氏はまだまだ子どもの域を出ていない、一地方議員である。これを機会に聞く耳を持つ大人になっていただきたい。

 

党(党首)にとって最重視されることは石原氏や平沼氏のように「国家観」を持つことである、その国家観を国民に知ってもらうための綱領がある。それが未来の日本の姿である、私達はその未来に向けて進むのである。

2012年11月15日 (木)

医者以外は無理か?

日本では病気回復に関して、医師のみが信じられ、他の方法は疑われます。しかし回復している人がいるのも事実です: 苦しんでいる患者を救うことにより、結果として医療費削減に繋がります。
http://www.osaka-japan.biz/index.php?page=Page.EditPage&pagelang=ja&url=kokyaku_kenkokakumei

2012年11月14日 (水)

Northen islands off Hokkaido belong to Japan since 1875

The term of validity of “Japan and Soviet Union Neutrality” was for five years as we signed. But April, 1945, we received a notice from Soviet Union that it does not extend this treaty. We have to notify  one year before the treaty is expired. Of course it is a breach of agreement. Soviet Union broke the promises.

2012年11月13日 (火)

<期待が掛かる石原新党>

 

石原新党、日本維新の会、みんなの党が歩み寄り日本再生のために手を繋いでほしい! 国民の願いである。

 

憲法は借り物ではなく一から作るところに意義がある。原発は世界を見ながら決断する以外にない、現時点では継続以外に道はなし。消費増税は無いに越したことがない、しかし現時点ではやむを得ず。TPPは現時点ではまだやるべきではないだろう、今までの経緯から必ず米国のいいなりになり国益を大きく損なうであろう。石原さんに全てを任せる心構えがなければ新党結成は困難である。

2012年11月12日 (月)

第53回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく


私たちの見本になる政治家は倫理観を持つことがとても重要ではないでしょうか。誰かが言っていました、「嘘をつかなければ政治家と弁護士にはなれない」、と。このような人物は政治家ではなく嘘八百の政治屋以外何ものでもない、当選させてはならない人物である。

 

政治家は私たちの血税で飯を食っていることを忘れるな。またその血税で国をよくするのが本来の政治家の仕事である、公僕であることを忘れる事なかれ!

 

SOS 日本が危ない! 民主等は政権公約を守らず、守れず! 子ども手当て:一部実施、揮発油等暫定税率廃止:未着工、高速道路無料化:凍結、最低保証年金:着手、八ツ場ダムの建設中止:建設を継続、財源確保:未実現。これが民主党の実態である。口から出任せとは何事か、国民はあきれ返っている!

 

前原氏問題では事務所経費など経常経費1200万円計上、しかし「実体」がない、人件費は829万円、家賃の記載なし! これが国家戦力担当相の顔、戦略は国のためではなく自分の懐のため! 前原君よ、有名校を出てさらに松下政経塾も出たらしいね、大学や塾では国のために働かず自分のために働け、と教えたのか、いやいやそんなことはあるまい、間違ってもあるまい、ゼミの先生や松下幸之助さんが泣いているよ! 君は幾つになった、嘘をついて恥ずかしくないのかね? 多くの国民はそう思っている。国民に早く謝罪されたし。

2012年11月11日 (日)

Etorofu, Kunashiri, Shikotan and Habamai islands off Hokkaido belong to Japan since 1875

8) Etorofu, Kunashiri, Shikotan and Habamai islands off Hokkaido belong to Japan since 1875

 

In August 1945, Soviet Union participated in a war regardless Japan and Soviet Union Neutrality Treaty.

After Japan accepted the Potsdam Declaration, Soviet Union continued attacking us, and Soviet Union occupied illegally Northern islands called Etorofu, Kunashiri, Shikotan and Habamai between 28 August and 5 September. Japanese military did not resist against Soviet Union.

2012年11月10日 (土)

「人権委員会」設置法案、国会提出へ 政府が閣議決定

<私は立ちあがれ日本と同じ考えで此処に転載しました。そして、「人権救済機関設置法案」反対をお願いできましたら幸いです。このことは私たちのためになる重要なことであります。読んでいただけましたら幸いです。>

 政府は9日の閣議で、差別や虐待などで人権侵害を受けた人を救済する機関「人権委員
会」を新たに法務省の外局として設置する法案の国会提出を決めた。同省は臨時国会での
法案成立を目指す。人権委は政府から独立した権限を持つ「三条委員会」として設置。被
害の申し立てに基づき、人権侵害行為などの調査を行う。調査はすべて任意で行われ、応
じなかった場合の罰則も設けない。調査で人権侵害が認められた場合、勧告や告発などの
措置がとれる。
(「日本経済新聞」11月9日11時22分)

■「人権救済機関設置法案の国会提出に断固抗議する」(談話)
 本日、政府・民主党は、人権救済機関設置法案を今国会に提出し、同法案の成立に意欲を示した。
 わが党は、正当な言論・表現の自由と人権を守る立場から、同法案の閣議決定に対して強く抗議する。
 法務省は、新たな人権救済機関の設置について、現行の個別の法律による人権侵犯の対処には限界があると主張しているが、毎年二万件以上報告される人権侵 犯事件の内、九九%以上が現行の法体系で解決している。従って、行政改革に逆行して公務員を増員するような新たな組織の必要性がないことは明確である。
 しかも、この機関は「三条委員会」と言われる政府から独立した組織であり、委員会が強権的な運営を行っても内閣が是正する手段がない。 
さらに、法務省が新たに設置する人権委員には国籍条項がなく、外国人に日本国内での取り締まり権限を付与される危険性がある。
 法務省からなぜこのような強い権限をもつ機関を新設する必要があるのか、説得力のある説明は全くない。
 わが党は、人権に名を借りて自由な言論を抑圧する同法案に対し、改めて断固反対する。
 平成24年11月9日  たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

■人権救済機関設置法案にたちあがれ日本は強く反対します
 政府が閣議決定をした「人権救済機関設置法案」について、たちあがれ日本は強く反対します。
 たちあがれ日本は、この法案に対する反対啓発チラシ第2弾を党WEBサイトに掲載しております。皆様には是非同法案への危機意識を共有して頂き、街頭や戸別での配布活動などによるご協力をお願い致します。
 街頭や戸別での配布活動などで一定部数が必要な場合は、党本部で受付をしております。必要部数・送付先などをご連絡下さい。

 「人権救済機関設置法案」反対啓発チラシのダウンロードはこちらから
 http://tachiagare.jp/policy/

◎平沼赳夫公式ホームページ ■「人権侵害救済法案」に反対する http://www.hiranuma.org/new/download01.html

ご参考■日本会議関連情報■
 9日午前の閣議で、9月19日の通常国会に続き、「人権委員会設置法案」が閣議決定され、閣法として国会提出の準備に入りました。野田改造内閣ではこの法案に反対の松原仁国家公安委員長を閣僚から外して閣議決定の環境を整えて、本日の決定となりました。
 法案は衆議院に提出され、先ず議院運営委員会において様々な政府提出法案や議員提出法案の付託先(この場合法務委員会の予定)を決定します。
 その後、法務委員会において委員会での法案審議日程、各党の質問時間などの調整を行い、担当大臣の提出趣旨説明の後、審議を開始し、一定の審議時間を経た後に採択ということになります。
 法案の重要度によっては、本会議で大臣の趣旨説明と代表質問を行う場合もあります。
 現在、衆議院の法務委員会では、通常国会からの継続法案が4本つかえており、直ちに審議入りという状態にはないといいます。
 自民党の法務部会メンバーは、しっかりブロックすると言われていますが、公明党が柔軟姿勢を示しているため予断を許しません。
 先ずは最大野党の自民党が、しっかりと政府・民主党案に反対の姿勢を示していただくことが肝要です。
 「人権委員会設置法案」阻止へ向けて民主党(本部及び民主党所属地元選出議員)には抗議を、自民党執行部及び所属地元選出議員に対して、法案阻止へ尽力いただくように激励と要望の声を届けるために、皆様のご協力を心よりお願いします。

 ●緊急協力要請[意見提出のお願い]
「人権委員会設置法案」が国会に提出されました。
 皆様、「人権委員会設置法案反対」、「閣議決定に異議あり」の声を、首相官邸・法務省へお寄せください。
 あわせて与野党の議員に「人権委員会設置法反対」の声を届けてください。
1、官邸要望先
  https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
 ●野田佳彦首相
  議員会館 FAX  03-3508-3441
  船橋事務所 FAX  047-496-1222
 ●前原誠司国家戦略相
  議員会館 FAX  03-3592-6696
  京都事務所 FAX  075-702-9726
2、法務省に対する要望先
  意見記入フォームの宛先で、「法務省」にチェックを入れてください。
  https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
 ●滝実法務大臣
  議員会館 FAX  03-3508-3861
  奈良事務所 FAX  0743-55-7081
 ●法務省 人権擁護局 FAX 03-3592-7675

3、「断固阻止」の激励・要望FAXの送り先
 【自民党本部】 03-5511-8888
 安倍 晋三 総 裁 
  高村 正彦 副総裁
 細田 博之 総務会長
 【自民党幹事長室】 03-3502-7286
  石破 茂 幹事長
 【自民党政調会長室】 03-3581-6700
 甘利 明 政調会長
                    以 上   

■皇室制度に関する意見公募の募集要項
 平成24年10月5日、政府は「皇室制度に関する有識者ヒアリング」の論点整理を公表し、パブリックコメント(国民の意見募集)を開始しました。
 パブリック・コメントは12月10日まで行われ、政府は国民からの意見を元に、来年1月の通常国会に「皇室典範改正案」を提出する見通しです。
 政府が公表した「論点整理」では「女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案」(いわゆる女性宮家創設案)が推奨されており、断じて容 認できるものではありません。わが党は去る4月25日に発表した自主憲法大綱案において、皇室の伝統を尊重し、「男系男子による皇位継承」を打ち出してい ます。
二千年以上続いている皇室の伝統を、軽々しく改変されることには絶対に反対です。
 わが党は、パブリック・コメント自体を実施すべきではないという考えですが、既に開始されてしまっている以上、皇室の伝統を守る立場から、「女性宮家創設反対」の意見を政府に届ける必要があると考えます。
 そこで是非とも、「いわゆる女性宮家創設には反対」、「旧皇族男系男子孫の皇籍復帰に賛成」といった皆様のご意見を、政府にご提出頂きますようお願い致します。

●意見の提出先●
 下記電子政府の総合窓口イーガブから、「意見募集要項」「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」の閲覧、意見の提出が可能です。
 また、郵送、FAXによる意見の提出も可能です。

(1)件名(表題)
「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」
電子メール及びFAXの場合は件名(表題)に、郵送の場合は封筒おもてに「皇室制度に関
する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理に対する意見(皇室制度論点整理に対する意見
)」と御記入ください。

(2)意見提出期限
平成24年12月10日(月)必着(郵送の場合は同日消印有効)

(3)意見提出方法
1、電子メール goiken.ronten@cas.go.jp
添付ファイルは利用せず、メール本文に直接御記入下さい。
2、郵送の場合 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣官房皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
3、FAXの場合 内閣官房皇室典範改正準備室 宛 FAX03-3581-9826

(4)意見提出に際して必要な項目
○件名「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理に対する意見」
○氏名、○住所、○電話番号又はメールアドレス(電話未記入も可)、○職業、を明記。
○ご意見(集約の便宜上、意見が複数にわたる場合は、1通につき1つの意見としてくだ
さい)

☆ご意見は、何回でも出すことができます。

資料は下記のアドレスから閲覧できます。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&;id=060121009&Mode=0

問い合わせ先 内閣官房皇室典範改正準備室 TEL.03-5253-2111(代表)

ご意見参考
◎平沼赳夫公式ホームページ
「皇室制度に関する政府の対応について(声明)及び 内閣官房皇室典範改正準備室宛 パブリックコメント応募ご協力のお願い」http://www.hiranuma.org/new/note/note20121022.html
◎平沼赳夫動画メッセージ
「女性宮家は125代続いた日本の皇室を壊す」
http://akibach4.sakura.ne.jp/hiranuma120305.wmv
「皇室問題は皇室が決めることが筋だ」
http://akibach4.sakura.ne.jp/hiranuma120402.wmv

◎ご参考
 たちあがれ日本 これまでに発表した声明・談話
 http://www.tachiagare.jp/policy/discourse.php
 たちあがれ日本 自主憲法大綱案
 http://www.tachiagare.jp/policy/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp

2012年11月 9日 (金)

日本は中国の上を走る強い海洋国家にせねばならない、国土、人民を守るために!

52回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>


趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

 

SOS 日本が危ない! 中国は海洋強国建設(第18回中国共産党大会にて)、また2020年までに国内総生産を2倍にすると述べた。

しかし恐れることなかれ、海洋強国になるには中国の上を走る! 国内総生産は生産と消費で決まる、日本は中国の上を行けばいい、さらに印度、米国、豪州、新西蘭と絆を強めることではないか。恐らく露西亜も日本に傾くだろう!!

 

私たち課せられていること、それは私たち自らが命を掛けて国土を守り抜く強い思いである。 賢明な皆さん、一緒に日本を守り抜こうではありませんか!

2012年11月 8日 (木)

第51回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

尖閣は日本の固有領土

 

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

 

SOS 日本が危ない! ラオスで開かれたアジア欧州会議で、野田総理の「冷静に対応してきた」と、尖閣諸島を守る、とは別問題である。冷静な対応はそれなりに評価されよう、しかし島を守られなければただの無能な冷静さに過ぎない。

 

今後の我国の対策の一つは、ラオスの国家主席の発言からも分かるように、日本を理解できる国を増やすこと、また中国と領土問題を抱えるベトナムやフィリピンと連携強化、沖縄の無人島での奪還訓練に見られる強い使命感、それを後押しする船舶等の充実ではあるまいか。

 

島は私たち自らが命を掛けて守り抜かなければ明日の日本はない! 賢明な皆さん一緒に頑張ろうではではありませんか!

2012年11月 7日 (水)

私は平沼赳夫衆議院議員と同じ考えです

私は平沼赳夫衆議院議員と同じ考えです。それでここに掲載しました。お読み頂けましたら幸いです。よろしくお願い申し上げます。松村 弘

■平沼赳夫動画メッセージ
「新しい政治の流れをつくらなければならない」(超人大陸 平沼赳夫警鐘塾 第146鐘)
平沼赳夫公式HP ↓
http://akibach4.sakura.ne.jp/hiranuma121105.wmv

■11月7日(水)20:00~21:55 平沼赳夫 BSフジ「プライムニュース」出演
放送日時:平成24年11月7日(水)20:00~21:55(生放送)
番組名:BSフジ「プライムニュース」
出演者:平沼赳夫 代表(20:00~21:10頃 出演予定)

■平成24年10月30日、全国拡大支部長会議開催
 衆議院第一議員会館「国際会議室」にて全国拡大支部長会議が開催されました。
 全国の支部長、関係者ら約100名が集結した全国拡大支部長会議では、
 1)わが党を発展的に解消し、石原慎太郎東京都知事を代表とする新党へ合流すること
 2)新党の政策、綱領などの課題への対応を党執行部に一任することが了承されました。
 会議の最後に石原慎太郎応援団長から、「皆さんと一緒にこれから大きな目的を達成したいと思っています。小異を捨てて大同につかなかったら大きなヤマは張れません。政治を左右できる第3極をみんなで力を合わせて作ること。お互いに命張ってやろうじゃないか。」と挨拶がありました。
党webサイト「たちあがれ日本チャンネルYouTubeチャンネル」に掲載しています。
 http://www.youtube.com/user/tachiagarenippon#p/a

【緊急】政府による「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する意見の募集について

 平成24年10月5日、政府は「皇室制度に関する有識者ヒアリング」の論点整理を公表し、パブリックコメント(国民の意見募集)を開始しました。
 パブリック・コメントは12月10日まで行われ、政府は国民からの意見を元に、来年1月の通常国会に「皇室典範改正案」を提出する見通しです。
 政府が公表した「論点整理」では「女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持することを可能とする案」(いわゆる女性宮家創設案)が推奨されており、断じて容認できるものではありません。わが党は去る4月25日に発表した自主憲法大綱案において、皇室の伝統を尊重し、「男系男子による皇位継承」を打ち出しています。 二千年以上続いている皇室の伝統を、軽々しく改変されることには絶対に反対です。
 わが党は、パブリック・コメント自体を実施すべきではないという考えですが、既に開始されてしまっている以上、皇室の伝統を守る立場から、「女性宮家創設反対」の意見を政府に届ける必要があると考えます。
 そこで是非とも、「いわゆる女性宮家創設には反対」、「旧皇族男系男子孫の皇籍復帰に賛成」といった皆様のご意見を、政府にご提出頂きますようお願い致します。

●意見の提出先●
 下記電子政府の総合窓口イーガブから、「意見募集要項」「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」の閲覧、意見の提出が可能です。 また、郵送、FAXによる意見の提出も可能です。
 締切:平成24年12月10日(月)当日消印有効
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060121009&Mode=0

●意見提出について参考資料 
皇室制度に関する政府の対応について(声明) 及び内閣官房皇室典範改正準備室宛 パブリックコメント応募ご協力のお願い(募集期間 10月9日~12月10日)
平沼赳夫公式HP ↓
http://www.hiranuma.org/new/note/note20121022.html

【最近の各種談話・声明】

●度重なる中国による領海侵犯に抗議する(平成24年11月5日談話)

わが国の海上保安庁巡視船による度重なる警告が繰り返される中、中国の海洋監視船4隻が、11月2日から4日にかけ3日連続でわが国領海を侵犯した。
これは、わが国の主権を侵害する暴挙であり、容認できない。
度重なる中国の領海侵犯に対し、現在の日本政府は毅然たる覚悟もなく、わが国の領海を守る責任を果たしているとは言い難い。
海上保安庁法が8月に改正されたが、これだけで日本の領海を守ることができないのであれば、更に自衛隊に平時の領海警備任務を付与する自衛隊法改正を早急に検討・実行すべきである。
 平成24年11月5日 たちあがれ日本 代表 平沼 赳夫

●「中国海洋監視船の領海侵犯に抗議する」(平成24年10月31日談話)

尖閣諸島をめぐる中国政府の挑発行動がますます激化している。
 10月30日には、中国の海洋監視船四隻が尖閣諸島周辺の領海を侵犯したが、日本政府の抗議に対して中国国家海洋局は「日本の不法活動船舶を中国領海内から退去させた」と、自らの不法行動を正当化している。東シナ海の安全を損ない、わが国の主権を侵害する中国政府の挑発行動を断じて認めることができない。
 明治28年にわが国が領土編入を決定してから約70年間、中国は、尖閣諸島に対する領有権をただの一度も主張したことはなかった。中国側が発行した地図でも、尖閣諸島を日本領として記載している。尖閣諸島が歴史的にも国際法的にもわが国の領土であることは明白だ。
 中国の不法行動を国際社会に理解させるためにも、尖閣諸島がわが国の領土であることを国際的に広報するとともに、アメリカやフィリピン、オーストラリア、ベトナムなど関連諸国との連携を深め、避難港建設や海上保安官等の配備を含めた尖閣諸島の実効支配強化と、自衛隊に平時の領海警備任務を付与する自衛隊法改正を早急に検討・実行すべきである。
 平成24年10月31日 たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

●「中国海洋監視船の領海侵犯に抗議する」(平成24年10月29日談話)

 10月28日に、中国国家海洋局の海洋監視船四隻が尖閣諸島周辺の領海を侵犯した。
 今年に入って中国当局船が日本領海に入るのは、既に10回目となり、これら中国政府によるわが国の主権を侵害する行為は、断じて認められない。
 わが党は、国連海洋法条約第十九条に基づいて、領海侵犯を取り締まる国内法を早急に整備し、領海侵犯をした中国船舶を取り締まることとともに、直ちに、尖閣諸島への灯台や避難港整備に踏み切り、海上保安官等の配置も含めた実効支配強化策を実行することを強く政府に求める。
 たちあがれ日本は、尖閣諸島を毅然として守ることができる政府の樹立に向け、全力を尽くすことを改めて誓う。
 平成24年10月29日 たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

●「中国監視船の領海侵犯に抗議する」(平成24年10月25日談話)

 本日、中国海洋監視船四隻が尖閣諸島周辺の領海を侵犯した。
 また、24日には、中国の海洋調査船がわが国の接続水域内にて海洋観測を行った。これら中国政府による示威行為は、わが国のみならず東シナ海の平和と安全を損なうものであり断じて認めることができない。
わが党は、中国政府の姿勢に強く抗議をすると同時に、中国による侵略を阻止するために政府に対し、尖閣諸島にて海上保安官等の配備などによる実効支配を強め、わが国が主権を守る姿勢を毅然と示すことを強く求める。
 平成24年10月25日  たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

●「韓国国会議員の竹島上陸に抗議する」(平成24年10月23日談話)

 本日、韓国が不法占拠しているわが国の領土・竹島を韓国の国会議員十五名が上陸した。
 不法占拠を正当化する今回の行為は、日本に対するあからさまな挑発であり、断じて認められない。
 日本政府が韓国政府に事前に不法上陸の中止を求めていたにもかかわらず、不法上陸を決行したことは、日本と韓国の協力関係を更に大きく損なう行動であり、深く失望している。
 日本政府は不法上陸した韓国の国会議員十五人に対して、我が国への入国を禁じるとともに、今後、竹島に不法上陸した韓国人の日本入国を禁じるようにすべきである。
 また、内閣に竹島問題に対する対策本部を設置し、直ちに国際司法裁判所に提訴できる条件を整えるとともに、法律をもって「竹島の日」を制定し、国際社会にわが国の立場が理解を得られるよう広報活動を展開すべきである。
 加えて、領土・領海に関する学校教育を充実させ、わが国の領土教育を歪めている「近隣諸国条項」を教科用図書検定基準から削除し、国際世論にも歴史的経緯を訴えていくことを強く求める。
 わが党は、これからもわが国の領土と主権と国民を守るため、必要な措置を講じるために全力を尽くす。
 平成24年10月23日 たちあがれ日本 代表 平沼赳夫

●「北朝鮮による日本人拉致被害者の帰国から十年を迎えて」(平成24年10月15日付談話)

 本日で、北朝鮮による日本人拉致被害者五人が帰国して十年になる。
 しかし、その後に大きな進展はなく、拉致被害者を一人も取り戻すことができていない。今この時も、多くの方々が日本からの救出を待っている。
 北朝鮮による日本人の拉致問題は、わが国の主権と国民の人権を侵害する国家的な犯罪行為だ。
 政府は、最重要課題として総力を挙げて取り組むべきだが、民主党は政権発足以降の三年間で七人目の拉致問題担当大臣に交代させるなど一貫した取り組みを見せていないばかりか、高校無償化の対象に朝鮮学校を加えることを検討するなど、北朝鮮に対して宥和的な間違ったメッセージを送り続けている。
 北朝鮮を交渉の場につかせるためにも、この十年間、北朝鮮側が拉致に関して具体的な進展を見せてこなかったことをもって、在日朝鮮人の再入国不許可や本国への送金禁止などの全面制裁を発動すべきだ。
 わが党は、拉致被害者と御家族の悲痛な思いを重く受け止め、全ての拉致被害者の帰国を実現させるためにも、国民を守る強い政権の樹立に全力を尽くす。
 平成24年10月15日 たちあがれ日本  代表 平沼赳夫

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
====================

2012年11月 6日 (火)

第50回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

 

SOS 日本が危ない! 岡田克也氏が中国配慮で離島奪還訓練をご破算にした! これが日本の副総理か、一体全体何を考えているのか、何をうろたえているのか、それを追随する野田総理! 国民にとって、かつや(克也)じゃなくて、まけや(負也)(笑い)か。何のために副総理になり首相になったのか、それでも国政を預かる代議士かそれとも金で動かされているただの操り人形か、多くの国民はそう思っている。なるべき人が議員にならなければ明日の日本がない。

私たちもそれなりの責任があります、私たちが議員を選ぶのですから、よりよい日本にしていくために眞の政治家を選ぼうではありませんか。

2012年11月 5日 (月)

<首相の公選制はやってはならない>

 

首相の公選制は現時点では日本には相応しくない、まだその土壌が出来上がっていない。米国にはその土壌が出来ている。

 

国益を心から思う誠の政治家が選ばれるより、選挙に長けている候補者が選ばれる可能性が高い。これでは日本は破滅に向かうこと間違いない。

2012年11月 2日 (金)

7) Etorofu, Kunashiri, Shikotan and Habamai islands off Hokkaido belong to Japan since 1875

We, Japan accepted the Potsdam Declaration in August 1945. In the Potsdam Declaration it is written like this, that the Cairo Declaration must be fulfilled.

In it, Japan has to be got out from these areas where Japan looted by violence and greed

And Japan’s sovereignty is Honshu, Hokkaido, Kyusyu, Shikoku and islands which Allies decided. It is stipulated in the Potsdam Declaration.

2012年11月 1日 (木)

第49回 <我が祖国日本の危機に立ち上がろう!>

趣旨:日本再生のため、関心を持っていただきたく

 

 

SOS 日本が危ない! 中国パック旅行大幅減―> 対策は中国を程ほどにすればいい。

 

SOS 日本が危ない! 中国での日本の自動車製造業は大変! 対策->程ほどにすればいかが、治まっても必ず次に被害が及ぶこと必死! トヨタは南アフリカ工場再開へ、日産は泰国新工場検討!

 

SOS 日本が危ない! 電子書籍で日本企業は苦戦! 対策―> 知恵を出しなさい、日本語ですよ!

 

SOS 日本が危ない! 橋下市長はまだまだお若い、恐れることを知らない、だから謙虚さに欠ける。ゆえに権力者になれば日本が危ない! 対策->人の話に耳を傾けられたらいかがでしょうか。

 

SOS 日本が危ない! 総理は案山子か! 野田首相は解散よりも「経済対策」と言っていらっしゃる、その通り、経済の方が大事に決まっている。しかし今の野田総理は「張子の親分」で野党や国民のみならず直属の部下も総理を見放しているんですよ。ゆえに何をされても人が付いてこないなら上手くいきません。総理を辞めて欲しいと願っているのです・・・。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »