« 病気は、人間が自分の力で自然に治すもの | トップページ | 十七条憲法 »

2014年8月15日 (金)

六十九回目の終戦の日を迎えて

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」を迎え、あらためて全ての戦没者に対し、哀悼の誠を捧げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 今日、私たちが享受している平和と繁栄は、祖国の為に戦場に散った三百万余の同胞の尊い犠牲と、国土の復興の為に奮闘された先人たちのお陰であることを一時たりとも忘れてはならないと思います。
 昨年十二月に安倍総理が戦没者追悼の中心施設である靖国神社に参拝されたことは、戦没者への哀悼を示す意義深い行為でした。春秋に行われる例大祭にも総理が参拝されることを強く望みます。
 終戦から六十九年を経ちましたが、未だに百十万余柱の御遺骨が日本に帰還しておりません。また、海外の戦没者慰霊碑や国内各地に存在する陸軍墓地や海軍墓地も管理も十分ではありません。
 次世代の党は、これらの課題解決にも全力を尽くしてまいることをお誓い申し上げます。
 
平成二十六年八月十五日
 
次世代の党        
党首 平沼赳夫

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員 平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫 e-mailアドレス
info@hiranuma.org
次世代の党FB https://www.facebook.com/jisedai.party
プレ公式サイトhttp://jisedai.jp/index.html
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

これは転載です

« 病気は、人間が自分の力で自然に治すもの | トップページ | 十七条憲法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六十九回目の終戦の日を迎えて:

« 病気は、人間が自分の力で自然に治すもの | トップページ | 十七条憲法 »