« PM2.5の源はどこか | トップページ | 節電と無駄 »

2014年8月 2日 (土)

「天下の奇観」

集団的自衛権は国連憲章上、すべての加盟国に認められた権利なのであれば、この案件が国論を二分するものとして議論された風景は、「天下の奇観」の類であった。どうして多くの日本人はこうなのか、祖国日本は日本人以外に護れないのである。

[参考文献]産経新聞 728日号

« PM2.5の源はどこか | トップページ | 節電と無駄 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天下の奇観」:

« PM2.5の源はどこか | トップページ | 節電と無駄 »