« 十七条憲法 | トップページ | 代々木ゼミナール »

2014年8月22日 (金)

朝日新聞が虚偽と認めた

河野談話の前提とも推測される「慰安婦を強制連行した」という証言報道を朝日新聞が虚偽と認めた。なぜ日本国の過去、現在、未来に対してこの様なひどいことを書いて社長や編集長などは謝罪しないのか。

河野洋平官房長官談話に「強制連行」の文字はないが、強制連行を認めた談話であるという印象が世界中に広がっている。河野氏が発表後の記者会見で「強制連行と考えてよいか」との質問に、「おおむねその通り」という趣旨の答えをしたのが原因だ。

[参考資料]産経新聞 8月16日号

« 十七条憲法 | トップページ | 代々木ゼミナール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞が虚偽と認めた:

« 十七条憲法 | トップページ | 代々木ゼミナール »