« 後期高齢者の医療費 | トップページ | ノーベル賞に関しては、日本⇔中国、韓国の歴然たる差 »

2014年10月17日 (金)

再生エネルギー買い取り制度見直し

理由は、①契約申し込みが急増、②全てを受け入れると大規模停電が起こる恐れがある。また目標通り自然エネルギーを増やした場合、電気料金が毎月700円程度高くなる可能性あり。しかし何れも最初からある程度分かっていること、計算が甘かったのではないか。何れにせよ電気料金が上がるのは家庭や企業にとって大きな問題である。考えられるのは、太陽光、風力、地熱、波力発電など研究を続けていくと同時に、現在稼働している水力、火力、再開待ちの原子力発電所等を有効利用する。安定供給のためには、節電に取り組み、必要ならば新発電所の建設である。

[参考資料] 産経新聞1016日号

« 後期高齢者の医療費 | トップページ | ノーベル賞に関しては、日本⇔中国、韓国の歴然たる差 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1653607/57704205

この記事へのトラックバック一覧です: 再生エネルギー買い取り制度見直し:

« 後期高齢者の医療費 | トップページ | ノーベル賞に関しては、日本⇔中国、韓国の歴然たる差 »